~ 一盌からピースフルネスを ~
Arrow
Arrow
第6回「ミナス日本祭り」
Slider

更新情報

2017/03/01 - (報告)第6回「ミナス日本祭り」
2017/03/01 - 薄茶 |茶道ミニ知識
2017/03/01 - 11. 焼く・焼き物 |和食
2017/03/01 - 桜餅 |和菓子
2017/03/01 - もったいないの日本文化 |もったいないの日本文化
2017/03/01 - 古帛紗と裂地-緞子/道元緞子- |古帛紗と裂地
2017/03/01 - 聖ヨセフの祝日 |ブラジル風物誌
2017/03/01 - (お知らせ)伯栄庵「茶の湯教養講座」開催
2017/02/06 - (報告)忘年会

よくある質問

Q. お稽古日は何曜日でしょうか?週に一回お稽古したいのですが、何曜日が適当でしょうか?

Q. お稽古のお手続きはどのようにしたらよいでしょうか?

sadou_douguLeia mais

  • 第6回「ミナス日本祭り」
  • 利休道歌
  • 茶道ミニ知識
  • 和食
  • 和菓子
  • もったいないの日本文化
  • 古帛紗と裂地
  • ブラジル風物誌
  • 第6回「ミナス日本祭り」

    第6回「ミナス日本祭り」

    今年の「ミナスの日本祭り」は、2月17~19日、ベロホリゾンテであり、『和食』がテーマでした。 小池信さん、天野セルソさんなどが、ワークショップを行いました。茶の湯と、生け花のブースがつながり…

    続きを読む

  • 利休道歌

    利休道歌

    水と湯と茶巾茶筅に箸楊枝 柄杓と心あたらしきよし

    初心者の稽古のときに、茶筅通しを教えたりするのに「そこでこちんと音をさせて」などと、つい口にすることがありますが、本当は注意しなければなりません…

    続きを読む

  • 茶道ミニ知識

    茶道ミニ知識

    薄茶

    薄茶は私たちが普段口にする抹茶のことで、客一人一人に一碗ずつのお茶が出されます…

    続きを読む

  • 和食

    和食

    焼く・焼物

    魚の焼き方も魚によって違いがあり、今年は6回に分けて取り上げます。

    魚は盛りつけて上になるほうから焼く

    続きを読む

  • 和菓子

    和菓子

    桜餅

    茶道でお抹茶を頂く前に供される「和菓子」。“五感の芸術”とも言われる和菓子は、目で形の美しさや四季の移ろいを、触覚で柔らかさや舌触りを、鼻で素材のほのかな香りを、耳で銘や由来となった和歌などを、そしてもちろん口で繊細な味わいを、それぞれ楽しむことができる総合芸術です…

    続きを読む

  • もったいないの日本文化

    もったいないの日本文化

    今年3月より、2年間にわたって、シリーズで「もったいないの日本文化」の連載を予定しています。

    「もったいない」とは、特に日本民族が使う言葉の考え方です。もったいないの対象は、食べ物や洋服など形ある物。電気や時間のように形のないもの。そして各人が何か感じる、「もったいない」と思う心。さまざまです…

    続きを読む

  • 古帛紗と裂地

    古帛紗と裂地

    緞子/道元緞子

    ここでは、主に裏千家の薄茶席にてお客様へお茶をお出しする際、茶碗の下に敷いて使用する古帛紗について、その裂地の歴史、織りの種類や文様をご紹介していきます…

    続きを読む

  • ブラジル風物誌

    ブラジル風物誌

    聖ヨセフの祝日

    聖ヨセフ(ナザレのヨセフ・大工のヨセフ)は、新約聖書によると処女マリアの夫そしてイエスの養父です。聖ヨセフは、カトリック教にとって、とても大切な聖者です。この守護聖者の日は三月十九日で、ブラジルの様々な地域で祝われます…

    続きを読む