~ 一盌からピースフルネスを ~

和の心

3. 蛍

2019年6月

今回は日本で5月下旬から6月中旬に発生する「蛍」について、取り上げてみましょう。前回に掲載しました『枕草子』の冒頭の「春はあけぼの」の中の夏の段には、こう書かれています。〈夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。〉平安の時代からも蛍は、日本人の風物でした…

続きを読む

2. 春はあけぼの

2019年4月

平安時代中期の女流作家・清少納言(965~1025)の著した『枕草子』は、四季の変化を手にとるようにつづった随筆である。その冒頭は、「春はあけぼの」と始まり、春夏秋冬の趣が、描かれています…

続きを読む

和の心 富士山賛歌

2019年2月

今年2019年度より、2年間連載した『もったいないの日本文化』に引き続き『和の心』と題し、日本人の自然観や、美意識、生き方などを考察していきたいと思います。参考文献は、夢の設計社企画の『夢プロジェクト』と1991年発行、8月号の『芸術新潮』を参考にさせて頂きます…

続きを読む