~ 一盌からピースフルネスを ~

14. 侘び

侘びという言葉は、茶の湯を表す、代名詞のようになっている。

が、侘び、わびしいという意味は、現代語では、心細かったり、失意の底にあったりする、思い煩うこと。悲しみ嘆くことを言う。わびを入れるとは、謝罪することをいう。

これがのちに、茶道の精神で、落ち着いて静かで、質素なおもむき、閑寂を意味するようになる。その背景には、室町時代の茶人、村田珠光が、それまでの唐物(中国伝来の名器)を用いた荘厳な茶会から、日本の茶道具で行う点茶法を生み出したことによる。珠光は、その点茶法に、禅道の質素な精神を加え、それを「わび茶」と名付けた。その侘びの精神を表現するのに「月も雲間のなきは嫌にて候そうろう」という言葉がある。--雲の一つもかからずに朗々と輝く月よりも、雲間に隠れた月のほうが、味わいがあるという意味で、珠光が生み出した侘びは、不完全の美といえばよいのであろう。このわび茶の概念は、利休の師、武野紹鷗から利休に引き継がれた。武野紹鷗の目指した境地を示す和歌がある。「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦のとまやの 秋の夕暮れ」藤原定家のこの和歌を、侘びの心であるとしている。

さらに、この理念を茶器、作法、空間をふくめた「茶道」の中に確立させたのが利休である。利休は手でこねて作る楽焼を茶碗に用い、複雑な点前を簡略化した。それまでの六畳、四畳半を、二畳や一畳台目の茶室にまで縮めた。以後はその要素が、整い「わび茶」が完成する。――花は野にあるように――という言葉も、生け花から脱して、茶花といわれる境地に達する侘びの表れである。利休の侘びは、無作為の境地を指しているのであろう。徹底に作りこまれた物より、ありのままにみえるものを好む。自然への回帰である。

 

2021年12月

こちらもご覧ください

  • 16. 幽玄

    16. 幽玄

    幽玄という言葉を聞くと、一番に“能”の世界を思い出します…
  • 15. 寂び

    15. 寂び

    わび、さびは、日本独自の美意識です。たとえば質素で、静かな様子、不完全であることをよしとする、一つの名詞のイメージですが、実際は、侘び、寂びの二つの名詞が繋がったもので、それぞれ意味も違うようです。「さび」というのは、「寂」。そして寂は「寂ぶ」という動詞の名詞系です…
  • 13. 風流

    13. 風流

    『ご趣味は?』と聞かれ、『俳句です』とか『茶の湯です』と答えると、『風流なご趣味ですね』と。答えが返ってくる。日本人は、花見や月見、上述の趣味に、情緒を感じて、風流という言葉を使う。ところが改めて「風流とは?」と聞かれるとその答えは意外と難しい…
  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…
  • 11. 雪月花

    11. 雪月花

    雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます…