~ 一盌からピースフルネスを ~

10. 紅葉

今回は、日本の秋に、紅葉こうようするもみじについて紹介します。

日本の北海道では、9月中旬から10月下旬に、又南の九州では、10月下旬から12月上旬にかけて、もみじは紅葉します。

ブラジルでは、かなりの高原地帯では、稀に見ることが出来ますが、カナダや日本のような広範囲にわたり、華やかな色合いの紅葉を、見ることは出来ません。春の花(桜)と秋の紅葉の組み合わせは“雲錦模様”と言われ、その美しさは、古来から日本人に親しまれてきております。

 

百人一首の中の、在原業平の下記の歌は、その美しさを、詠んでおります。

ちはやぶる神代かみよもきかず竜田川
からくれないに水くくるとは

下は同じ百人一首の猿丸さるまる太夫だいふの和歌です。

奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の
声聞く時ぞ秋はかなしき

 

日本の紅葉の名所は、中央アルプスの駒ケ岳(長野県)、那須高原(栃木県)、大雪山の黒岳(北海道)等があります。

又京都の名所は、永観堂や、東福寺等あります。

精妙な濃淡を描く紅葉、川に落ちて流れる紅葉、清らかな水に映った紅葉、さまざまな紅葉の姿を、日本人は、一つ一つ玩味するように味わってきました。余談ですが、和食の〈紅葉おろし〉は、大根と鷹の爪(とうがらし)、人参などをすりおろしたもので、鍋物、刺身、湯豆腐や、カキの酒蒸し等に使われます。

 

最後に、紅葉の美しさをあますことなく歌った唱歌を紹介します。

1.秋の夕日に照る山紅葉、濃いも薄いも數ある中に、
  松をいろどる楓や蔦は、山のふもとの裾模様

2.たにの 流れに 散り浮く紅葉、波にゆられて離れて寄って、
  赤や黄色の色さまざまに、水の上にも織る錦

(高野辰之・作詞/岡野貞一・作曲)

2020年12月

こちらもご覧ください

  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…
  • 11. 雪月花

    11. 雪月花

    雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます…
  • 9. 桜

    9. 桜

    日本の桜の開花の季節は、三月、四月。アメリカのワシントンDCは、五月。ブラジルは、七月、八月。地域や、緯度によって異なるが、日本人ほど、桜の花を愛する民族はいない。それが民族の個性なのだろうか…
  • 8. 雨水

    8. 雨水

    雨水(うすい)とは、空から降るものが、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころをいう。水がぬるみ、草木が芽生える頃で、昔から農耕の目安とされてきた…
  • 7. 梅に鶯

    7. 梅に鶯

    “梅に鶯”とは、日本の詩歌や絵画における伝統的な、絵になるような良い二つの取り合わせ、又は仲の良い間柄のたとえで、古代中国の漢詩に由来します。二つのものが調和しているさまを言います…