~ 一盌からピースフルネスを ~

12. 身に入む(みにしむ)

表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く。

1、染みる。寒さが身にしむ。2、色などを染める。3、深く心を寄せる 
などの意味がある。和歌の世界での例を上げよう。

―ゆうされば野辺の秋風身にしみて うずら鳴くなり深草の里
                  俊成 『千載集』より

この平安末期の歌仙、藤原俊成のこの名歌の影響により、「身にしむ」という言葉が定着化した。が、俊成の場合、秋風が吹き鶉が鳴く山里に隠棲した自分のさびしい境涯が、身にしみているのだ。つまりこの平安の歌の大きな特徴である「感傷性」が色濃く残り、江戸の俳諧に受け継がれたという。

その他、和歌を数例を挙げてみよう。

―秋吹くはいかなる色の風なれば 身にしむばかりあわれなるらん
                       和泉式部

―何ごとによらず心は貫くと 云へどわれにも秋は身に沁む
                       晶子

さて、俳句の世界では、数多くこの「身にしむ」が。季語として使われている。
松尾芭蕉の『野ざらし紀行』や、『奥の細道』に、この季語の作品がある。

―野ざらしを心に風のしむ身かな       芭蕉

―身にしみて大根からし秋の風        芭蕉

又その他、〈歳時記〉に、下のような句がある。

―身にしむや亡妻(なきつま)の櫛を閨(ねや)に踏む     蕪村

―身に入むや齢十九とある墓標        朝妻力(あさつまりき)

―身に入むや芭蕉も訪ひし立石寺       石井邦子

ここの最後の芭蕉も訪ひし立石寺―― あるが、この寺は、別名山寺と呼ばれ、山形県山形市ある寺で、松尾芭蕉、『奥の細道』の吟行の帰途訪れたといわれる。1989年の7月9日に300年の節目を迎えたことで、「山寺芭蕉記念館」が開館した。奥の院まで石段、1015段。一段、一段踏みしめていくごとに、一つづつ煩悩が消え悪縁を払うことが出来る。その素晴らしい景観、静寂の中でさらに映え、只々心が澄み渡っていくようであった。そこで生まれた名句。

―― 閑かさや 岩にしみいる 蝉の声    芭蕉

 

2021年6月

こちらもご覧ください

  • 13. 風流

    13. 風流

    『ご趣味は?』と聞かれ、『俳句です』とか『茶の湯です』と答えると、『風流なご趣味ですね』と。答えが返ってくる。日本人は、花見や月見、上述の趣味に、情緒を感じて、風流という言葉を使う。ところが改めて「風流とは?」と聞かれるとその答えは意外と難しい…
  • 11. 雪月花

    11. 雪月花

    雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます…
  • 10. 紅葉

    10. 紅葉

    今回は、日本の秋に、紅葉こうようするもみじについて紹介します。 日本の北海道では、9月中旬から10月下旬に、又南の九州では、10月下旬から12月上旬にかけて、もみじは紅葉します…
  • 9. 桜

    9. 桜

    日本の桜の開花の季節は、三月、四月。アメリカのワシントンDCは、五月。ブラジルは、七月、八月。地域や、緯度によって異なるが、日本人ほど、桜の花を愛する民族はいない。それが民族の個性なのだろうか…
  • 8. 雨水

    8. 雨水

    雨水(うすい)とは、空から降るものが、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころをいう。水がぬるみ、草木が芽生える頃で、昔から農耕の目安とされてきた…