~ 一盌からピースフルネスを ~

11. 雪月花

雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。
この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます。

雪月花文様の古袱紗

ノーベル賞作家の川端康成氏は、『美の存在と発見――美しい日本の私』〈 The Existence and Discovery of beauty 翻訳者 V,H,ビリエルモ〉の中で「雪月花」という言葉を自然と日本人の関係を語る上でのキーワードにしています。

これがまあつひの栖すみかか雪五尺     一茶
行く春を近江の人と惜しみける       芭蕉
初空に鶴千羽舞う幻の           康成
去年今年貫く棒の如きもの         虚子

このように川端康成氏は、文中に多くの俳句、詩歌を引用し日本の美しさを表現しておられます。
禅の道元禅師は、「春は花、夏ホトトギス、秋は月、冬雪さえてすずしかりけり」と悟りの心境を述べておられます。

さて、1914の宝塚歌劇団の組は、雪組、月組、花組いう組み分けがされたのも興味あることです。
いか時代が下がると雪月花は、主に雪、月、花の取り合わせとして理解され、「三種の景物」として理解され様になった。

日本の三景    雪 天橋立 月 松島  花(紅葉を花に見立て)宮島

日本の三名園   雪 兼六園 月 後楽園 花(梅)偕楽園

また茶の湯では、裏千家では、玄々斎が考案した“雪月花”という七事式があり、7,8人が雪月花の札をひき、雪にあたった人が、菓子を食べ月の人が茶を飲み、花の人が点前を行います。

現代で、雪月花の名の因むものとして、新型リゾート列車「えちごトキめきリゾート雪月花」、箱根強羅温泉の「季の湯 雪月花」、小倉懐紙「雪月花」、神戸みやげ「御影雪月花」常盤堂、椿の花の「氷室雪月花」中島みゆきのピアノソロ「雪月花」、 謎解き私小説『雪月花』(北村薫著)等が挙げられます。

(2021年 2月記)

2021年3月

こちらもご覧ください

  • 16. 幽玄

    16. 幽玄

    幽玄という言葉を聞くと、一番に“能”の世界を思い出します…
  • 15. 寂び

    15. 寂び

    わび、さびは、日本独自の美意識です。たとえば質素で、静かな様子、不完全であることをよしとする、一つの名詞のイメージですが、実際は、侘び、寂びの二つの名詞が繋がったもので、それぞれ意味も違うようです。「さび」というのは、「寂」。そして寂は「寂ぶ」という動詞の名詞系です…
  • 14. 侘び

    14. 侘び

    侘びという言葉は、茶の湯を表す、代名詞のようになっている。が、侘び、わびしいという意味は、現代語では、心細かったり、失意の底にあったりする、思い煩うこと。悲しみ嘆くことを言う。わびを入れるとは、謝罪することをいう…
  • 13. 風流

    13. 風流

    『ご趣味は?』と聞かれ、『俳句です』とか『茶の湯です』と答えると、『風流なご趣味ですね』と。答えが返ってくる。日本人は、花見や月見、上述の趣味に、情緒を感じて、風流という言葉を使う。ところが改めて「風流とは?」と聞かれるとその答えは意外と難しい…
  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…