~ 一盌からピースフルネスを ~

2021年度 初点・新年会

───── 初めに 初点・新年会を行うにあたって ─────

2020年は、コロナ禍に見舞われ、災難の年でした。
2021年の正月は、裏千家宗家でも初釜式が、中止になり、外国であるブラジルはどうするかという問題が出てきました。2020年10月より、ブラジルの裏千家の教授会では、この懸案につき検討しており、10月の時点では、一応初点を行いたいという意見がありました。その後、3か月間模索しておりました。最終案として、1月11日の警戒レヴェルにより、初点・新年会を行うかどうかを決めるという意見になり、1月8日の政府の発表では、黄色のレヴェルになったので、行うことに決定しました。
以下、初点の様子をお知らせします。

 

1月17日、11時よりに、2021年度の初点・新年会が、ブラジル日本文化福祉協会の貴賓室にて執り行われました。コロナ禍を考慮して、会員限定で60人のみの会となりました。新年会では、10人掛けのテーブルに、4人のみの着席とし、ソーシャルディスタンスを十分とり、行なわれました。
最初に、ブラジルでは、初使用の坐忘斎お家元のお好みの和親棚の薄茶となり、4人の方々にお点前をしていただき、全員にマナウスから取り寄せたクイヤ、(ひょうたん)の器で呈茶。これを各個人のお持ち帰り(記念品)としました。

その後、開会式に移り、エリソン・トンピソン・宗尊・デ・リマ氏の司会、挨拶で始まり、林宗一氏の挨拶、昨年授与されなかった14名の許状引継ぎ式が行われました。その後、洲崎宗勝氏の、今年で91歳を迎えられる武田宗知先生の長寿にあやかり乾杯となりました。武田先生の新春を寿ぎ、この日の為の和歌を紹介します。

 

コロナ禍に 薄茶点つ椀 クイヤとか
  初釜記念に それぞれの手に   知子

 

その後会食に移り、福引もあり、今年は、良き年になりますようにとの希望を持って。和気藹々のうちに散会しました。

 

 

Fevereiro de 2021

こちらもご覧ください

  • 第一回 文協主催 “春祭り”

    第一回 文協主催 “春祭り”

    今年初めての試みとして、ブラジル日本文化福祉協会所有のサンフォッケの国士館スポ―ツセンターで、9月25,26日に、第一回“春祭り”が行われた…
  • オンライン世界五大陸をつなぐ茶会

    オンライン世界五大陸をつなぐ茶会

    東京五輪が開かれた7月23日に淡交社ウェブにおける、「オンライン世界五大陸をつなぐ 英語でおもてなし茶会」が行われました。リレー形式で各大陸を代表して5人の席主が日本、オーストラリア、ハンガリー、エジプトとブラジルから、お点前を配信いたしました…
  • 文化祭りー日本館で、文化体験

    裏千家とゆかりの深い、日本館で五月十六日(日)”文化まつり”が行なわれた…
  • 宗旦忌・許状引継ぎ式

    宗旦忌・許状引継ぎ式

    2020年度宗旦忌は、ラジルの伯栄庵で無事11月22日に執り行われ、多くの方に許状引継ぎが行われました。また故カルロス・シリロ・宗寿様、故百瀬宗美様、故木下英子様たちの、ミサ(追弔会)も行われ、浜岡宗光先生、カルメン・宗歌様たちにより、供茶が捧げられました…
  • 文協"文化空間"に新入り口、オープニングセレモニー 「日本の美」展

    文協”文化空間”に新入り口、オープニングセレモニー 「日本の美」展

    ブラジル日本文化福祉協会のガルボンブエノ通りに新たに入り口が設けられました。そのオープニングセレモニーとして2020年3月14日、「日本の美」展が開催されました…