~ 一盌からピースフルネスを ~

研修生達の茶の湯との出会い

 10月21日(日曜日)、ブラジルの世界救世教の研修課の17名の研修生達が、1日の生活経験プログラムの一環として、茶の湯に初めて参加の為、ブラジルの裏千家「伯栄庵」を訪問。

 研修生達は、伝統的な茶道を通じて、華道・書道・香道などの日本文化を学び、さらに茶室や庭の建築についての指導を受けました。それは非常に有意義な活動でした。彼らは 2グループに分かれて、お点前のデモンストレーションで使用された茶道具を詳細に観察し、お茶をいただく時のお客に関する基礎的なエチケットの指導を受けました。最後の彼らの茶道に関する質問には、日本の伝統的な文化に対する興味が大変表れていました。それは「茶道の哲学は、自分たちの想像していた事を遥かに超えている」と断言させた程でした。

2018年11月

こちらもご覧ください

  • 第8回 ミナス日本祭り

    恒例となった「第8回ミナス日本祭り」が、2月22日から24日まで、快晴の下、ミナス州都、ベロオリゾンテ市で開催されました…
  • 資生堂の茶会ーー日本のおもてなし

    資生堂より依頼され、2月10日に、トランスアメリカ・プライアムホテルで、茶の湯接待、デモンストレーションが行われた…
  • 11代大樋長左衛門氏ご来伯

    大樋長左衛門氏のゆかりの茶碗でお茶を差し上げ、お菓子は手づくりの主菓子と、ブラジル北東部の伝統菓子を用意しました。ブラジルの茶室でゆっくりと、ひと時をお楽しみ頂きました…
  • 2019年度 初点・新年祝賀会

    2019年1月13日、マクソード・ プラザ ホテルにて初点・初いけ・新年祝賀会が開催されました。本年は、昨年のブラジル日本移民110周年の祝賀会で、好評を得たため、初めての試みとして、裏千家ブラジルとブラジルいけ花協会の共催のもと…
  • 忘年会

    2018年(平成30年)12月14日、恒例の忘年会がサンパウロ市ジャルジン地区のレストラン「Etto」で開催されました…