~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓の銘[五]10月(春)

 日常のお稽古の中で、濃茶、ことに四ケ伝からのお点前の際には、時季なしの銘を使うことが多くなります。主に寿ぐ言葉や禅語です。

 

「和敬」(わけい)

 「和敬清寂」という言葉をお軸などで目にしたことがあると思います。その中でも、「和敬」とは互いに心をおだやかにして慎み、親しみ(和)、敬う(敬)こと。

 茶道で重んじる精神のひとつです。茶室でも日常生活の中でも、心に留めおいておきたい大切な心構えです。

 

2023年10月

こちらもご覧ください

  • 茶杓の銘[十二]5月(秋)

    茶杓の銘[十二]5月(秋)

    ブラジルでは秋になり、少しずつですが、肌寒く、朝もゆっくりと夜が明けます。日本は新緑の季節。特に5月5日は「こどもの日」。子供の健やかな成長を願う日です…
  • 茶杓の銘[十一]4月(秋)

    茶杓の銘[十一]4月(秋)

    当地は、朝晩の涼しさに、秋がゆっくりと到来していることを感じる季節です….
  • 茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    ブラジルではカルナバルも終わり、この頃から少しずつ涼しくなるといわれています。しかし、まだまだ夏の気配の色濃い月です…
  • 茶杓の銘[九]2月(夏)

    茶杓の銘[九]2月(夏)

    ブラジルは暑い日が続いております。しかし、日本では2月は、一年で最も寒い月。春を待ちわび、迎える行事や風習の多い季節でもあります…
  • 茶杓の銘[八]1月(夏)

    茶杓の銘[八]1月(夏)

    明けましておめでとうございます。ブラジルは真夏の新年です。 日本では、1月1日のことを、一年の一番最初の日ということで「元日(がんじつ)」とも言います。また、一般的には3日までを「三が日(さんがにち)」、「松の内(まつのうち)」と言って、「正月」を意味しています…