~ 一盌からピースフルネスを ~

イペーの花

アントニオ・ファビアーノ・ダ・シルヴァ・サントス

今年の初め、サンパウロからベロオリゾンてテに引越しした時、私は伯栄庵での毎週のお茶のお稽古を逃してしまい、大変残念に思いました。茶人として生きる為には、これからもっと一生懸命頑張らなければならない事に気付かされました。
その後間もなく、コロナウイルス・パンデミクに直面する困難な現実が到来しましたが、最も単純な日常茶飯事の中に、私達は茶道に秘められたる知恵を見出します。そして、この難局においてさえも、我々はより一層、輝しく(元気で、積極的に)お茶の道を進んでいきたいと思います。
この数ヶ月の間の世界各地の裏千家メンバーに宛てたお家元のお言葉を拝聴することで、私の心・意識は多くの力を与えられ、またお家元が身近にいらっしゃるように感じ、大変ありがたく思いました。
私の住むこの場所に、お茶を楽しめる簡素な「いおり」を作り、一人でお稽古をし、友達を想い浮かべながらお茶を楽しむ事が良くあります。
この隔離生活の間、お茶に関する多くの本を読み、理論的な知識も深めています。
先生方の初歩の教えを良く思い出しています。
私は良く頭の中でお点前をします。そうすると、あたかも世界全体が一つの大きな茶室に変化したように感じられ、お点前後も私の動作や考えは、一日中その世界に沈潜しています。

Queda silenciosa –
As flores do velho ipê
sobre a cabana.

学舎まなびやゆ 見上げる古木 花イペー
風に舞うかに 降りそそぐかに
(訳詩 武田宗知)

 

こちらもご覧ください

  • 8月9日、正午茶事

    8月9日、正午茶事

    この日はヴェロニカさんの亭主の正午茶事が伯栄庵で行われました。 お仲間の友人と、「友情(アミザージ)」をテーマに、和気藹々のひと時が持たれました。以下その折の感想文です…
  • 7月5日、正午茶事

    7月5日、正午茶事

    7月5日に茶木宗喜先生の亭主で、正午茶事が行われました。 皆様の感想をここにご紹介します。 茶木先生は、今回は、『謝茶』の思いを込めて、お客様をご招待されました。 ご自分の病を克服して、こうして茶道が、続けられることに、喜びの気持ちが、表れています。
  • 6月28日、正午茶事

    6月28日、正午茶事

    このコロナ禍を、鑑みて、6月より数回の正午茶事を企画しました。順に追ってご紹介します…
  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…