~ 一盌からピースフルネスを ~

初点・新年祝賀会

 サンベント大聖堂の鐘が響き渡る中、裏千家ブラジルの初点・新年祝賀会に2020年1月12日、121名が集った。

 茶の湯とカトリック教会の関係は1500年代の千利休の頃にまで遡る。今年はその縁深いカトリック修道院での開催となった。

 廊下には会員の生けた花が飾られ、会場へと誘った。

 初点では、今年の干支、子の絵柄の干菓子と薄茶。記念品にも干支があしらわれていた。

 グレゴリオ聖歌の中継を聞きながらのカクテル。林宗一代表の挨拶に続き、裏千家ブラジルの同門であり国際交流基金所長洲崎宗勝氏の挨拶、ブラジル生け花協会会長で、ブラジルの茶道裏千家淡交会を代表して、エリソン・宗尊・トンプソン・デ・リマ氏の乾杯。その後、福引、琴や尺八の演奏も行われ、華やかな新年の幕開けとなった。

 閉会の後は、神父様の案内で教会と修道院内部の見学もあり、学びの多い1日でもあった。

 

 

2020年1月

こちらもご覧ください