~ 一盌からピースフルネスを ~

文協青年部来庵、茶道講座

 4月14日、ブラジル日本文化福祉協会青年部(委員長松本セイゴ・ギレルメ)の22名が伯栄庵を訪れ、茶道講座を受講いたしました。茶道についての講義・デモンストレーション後、お辞儀やお菓子の取り方、お茶の飲み方の稽古を行いました。

 講座終了後には参加者から以下の感想や質問がでました。

 「お茶の世界はたくさんのシンボルがありますね」「点前の種類はどのくらいあるのですか?」「茶道ではお互いに敬意を表することが大切なのですね」「茶事では世俗の世界から心身を清めて、別世界に入っていくというところが非常に良いと思いました」

 初体験の茶道に、感慨深そうでした。

Maio de 2019

こちらもご覧ください

  • 2月のジャパンハウス《日本茶展示会》のお茶会

    2月のジャパンハウス《日本茶展示会》のお茶会

    2月の、ジャパン・ハウスの茶会は、17日に行なわれました。盛況で、毎回、お菓子が足りなくほどで、嬉しい悲鳴をあげています…
  • ジャパンハウスのお茶会

    ジャパンハウスのお茶会

    1月27日、ジャパン・ハウスの、お茶会。皆様、お疲れさまでした…
  • 新年の日本の芸術展

    新年の日本の芸術展

    1月20、21日両日、ブラジル日本文化福祉協会の「文化空間」(Espaço Cultural)で新春の正月行事が行なわれました…
  • 忘年会 レストラン・ヴィスタ

    忘年会 レストラン・ヴィスタ

    イビラプエーラ公園が眼下にみえる、見晴らしの良いレストラン・ヴィスタ(元 Detran 跡)で2023年忘年会・総会が行なわれました….
  • 伯栄庵道場の大掃除

    伯栄庵道場の大掃除

    21人もの方が茶室に集まり大掃除に参加してくださり、1年の心の煤も払いました。今年は多くの方たちのご協力で、障子の張り替えも行い、とてもきれいな茶室へと蘇りました…