~ 一盌からピースフルネスを ~

SENAC・アクリマソンの大学院生達が『伯栄庵』訪問

 SENAC・アクリマソンの大学院特別科目の一環として、10月20日、25名の大学院生グループがブラジルの裏千家教場『伯栄庵』を訪問。

 まず、林宗一先生の茶道の紹介やお手前のデモンストレーションの後、25名の大学院生は、二グループに分かれて、お客様接待に関するエチケットの指導を受ました。その後お茶を試飲し、更に、茶道具、露地、蹲いの使い方などの指導を受けました。

 初めて抹茶にふれた生徒たちは、泡立ったお茶をみて驚いておられました。

 

 

2018年11月

こちらもご覧ください

  • 2月のジャパンハウス《日本茶展示会》のお茶会

    2月のジャパンハウス《日本茶展示会》のお茶会

    2月の、ジャパン・ハウスの茶会は、17日に行なわれました。盛況で、毎回、お菓子が足りなくほどで、嬉しい悲鳴をあげています…
  • ジャパンハウスのお茶会

    ジャパンハウスのお茶会

    1月27日、ジャパン・ハウスの、お茶会。皆様、お疲れさまでした…
  • 新年の日本の芸術展

    新年の日本の芸術展

    1月20、21日両日、ブラジル日本文化福祉協会の「文化空間」(Espaço Cultural)で新春の正月行事が行なわれました…
  • 忘年会 レストラン・ヴィスタ

    忘年会 レストラン・ヴィスタ

    イビラプエーラ公園が眼下にみえる、見晴らしの良いレストラン・ヴィスタ(元 Detran 跡)で2023年忘年会・総会が行なわれました….
  • 伯栄庵道場の大掃除

    伯栄庵道場の大掃除

    21人もの方が茶室に集まり大掃除に参加してくださり、1年の心の煤も払いました。今年は多くの方たちのご協力で、障子の張り替えも行い、とてもきれいな茶室へと蘇りました…