~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓の銘[一]6月(秋)

日々のお稽古で「お茶杓のご銘は」と亭主と正客が問答します。

その茶杓の銘についてこれから毎月学んでいきたいと思います。

 

6月は当地ブラジルの季節は「晩秋」。日中の日差しは暖かですが、朝晩は日々冷え込んで参ります。

 

「錦秋」(きんしゅう)

木々の葉が紅葉し、その景色は多数の色糸で織られた美しい錦(織物)のようだという秋景色の美しさを表現した季節の言葉です。

 

2023年6月

こちらもご覧ください

  • 茶杓の銘[十二]5月(秋)

    茶杓の銘[十二]5月(秋)

    ブラジルでは秋になり、少しずつですが、肌寒く、朝もゆっくりと夜が明けます。日本は新緑の季節。特に5月5日は「こどもの日」。子供の健やかな成長を願う日です…
  • 茶杓の銘[十一]4月(秋)

    茶杓の銘[十一]4月(秋)

    当地は、朝晩の涼しさに、秋がゆっくりと到来していることを感じる季節です….
  • 茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    ブラジルではカルナバルも終わり、この頃から少しずつ涼しくなるといわれています。しかし、まだまだ夏の気配の色濃い月です…
  • 茶杓の銘[九]2月(夏)

    茶杓の銘[九]2月(夏)

    ブラジルは暑い日が続いております。しかし、日本では2月は、一年で最も寒い月。春を待ちわび、迎える行事や風習の多い季節でもあります…
  • 茶杓の銘[八]1月(夏)

    茶杓の銘[八]1月(夏)

    明けましておめでとうございます。ブラジルは真夏の新年です。 日本では、1月1日のことを、一年の一番最初の日ということで「元日(がんじつ)」とも言います。また、一般的には3日までを「三が日(さんがにち)」、「松の内(まつのうち)」と言って、「正月」を意味しています…