~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓の銘[六]11月(初夏)

あっという間に「夏」を感じる気候になって参りました。

強い日差しですが、日陰に入るとひんやり。ブラジルらしい季節の到来です。

 

「のぼり鮎」(のぼりあゆ)

 

鮎は主に日本に生息する魚です。「清流の女王」と呼ばれ、春から初夏にかけて成長した若鮎が群れをなして海から川をのぼります。そうしてその後は川で生きていきます。流れに逆らい川を登る様子は、生命力に溢れています。

 

2023年11月

こちらもご覧ください

  • 茶杓の銘[十二]5月(秋)

    茶杓の銘[十二]5月(秋)

    ブラジルでは秋になり、少しずつですが、肌寒く、朝もゆっくりと夜が明けます。日本は新緑の季節。特に5月5日は「こどもの日」。子供の健やかな成長を願う日です…
  • 茶杓の銘[十一]4月(秋)

    茶杓の銘[十一]4月(秋)

    当地は、朝晩の涼しさに、秋がゆっくりと到来していることを感じる季節です….
  • 茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    ブラジルではカルナバルも終わり、この頃から少しずつ涼しくなるといわれています。しかし、まだまだ夏の気配の色濃い月です…
  • 茶杓の銘[九]2月(夏)

    茶杓の銘[九]2月(夏)

    ブラジルは暑い日が続いております。しかし、日本では2月は、一年で最も寒い月。春を待ちわび、迎える行事や風習の多い季節でもあります…
  • 茶杓の銘[八]1月(夏)

    茶杓の銘[八]1月(夏)

    明けましておめでとうございます。ブラジルは真夏の新年です。 日本では、1月1日のことを、一年の一番最初の日ということで「元日(がんじつ)」とも言います。また、一般的には3日までを「三が日(さんがにち)」、「松の内(まつのうち)」と言って、「正月」を意味しています…