~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓の銘[七]12月(夏)

12月を迎えました。当地の季節は「夏」。日本とは正反対ですが、クリスマス、年末年始の忙しさは同じです。

12月は一年を締めくくる月であり、新しい年を迎える準備に何かと慌ただしい月でもあります。そんな12月は「いつも落ち着いている先生も忙しさに走る」ということから、「師走(しわす)」とも言います。

 

「聖夜」(せいや)

聖夜とは12月24日の日没後から25日の日没前のことで、キリストの誕生日をお祝いする日です。

キリスト教にまつわる記念日が国の祝祭日となっているブラジルではクリスマスは新年を迎えることと同様に年末の大切で準備に忙しいイベントです。12月のお稽古、クリスマス茶会にもぴったりですね。

 

パリNotre-Dame大聖堂のプレゼピオ(2011年)

2023年12月

こちらもご覧ください

  • 茶杓の銘[九]2月(夏)

    茶杓の銘[九]2月(夏)

    ブラジルは暑い日が続いております。しかし、日本では2月は、一年で最も寒い月。春を待ちわび、迎える行事や風習の多い季節でもあります…
  • 茶杓の銘[八]1月(夏)

    茶杓の銘[八]1月(夏)

    明けましておめでとうございます。ブラジルは真夏の新年です。 日本では、1月1日のことを、一年の一番最初の日ということで「元日(がんじつ)」とも言います。また、一般的には3日までを「三が日(さんがにち)」、「松の内(まつのうち)」と言って、「正月」を意味しています…
  • 茶杓の銘[六]11月(初夏)

    茶杓の銘[六]11月(初夏)

    あっという間に「夏」を感じる気候になって参りました。 強い日差しですが、日陰に入るとひんやり。ブラジルらしい季節の到来です…
  • 茶杓の銘[五]10月(春)

    茶杓の銘[五]10月(春)

    日常のお稽古の中で、濃茶、ことに四ケ伝からのお点前の際には、時季なしの銘を使うことが多くなります。主に寿ぐ言葉や禅語です…
  • 茶杓の銘[四]9月(春)

    茶杓の銘[四]9月(春)

    気温が低く、空気の乾燥した冬がようやく終わり、9月は木々の葉や蕾が芽吹き始める季節、ブラジルの春です…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会