~ 一盌からピースフルネスを ~

茶杓の銘[九]2月(夏)

ブラジルは暑い日が続いております。しかし、日本では2月は、一年で最も寒い月。春を待ちわび、迎える行事や風習の多い季節でもあります。

 

「福は内」(ふくはうち)

2月には、この日を境に春が近づいてくるという「立春」の前日に「節分」という行事があります。鬼を追い払い、邪気を払うという意味で「鬼は外」、幸福を招く福の神を呼びこむために「福は内」、と言いながら、豆を撒く習慣が古くからあります。

 

福岡市博多区東長寺の節分祭り

2024年2月

こちらもご覧ください

  • 茶杓の銘[十三]6月(秋)

    茶杓の銘[十三]6月(秋)

    朝晩は少し寒いくらいの気温になりました。街を行きかう人々も秋の装いです。夏の間にお客様から遠ざけていた火(風炉)を近づける中置点前にも、秋の気配が感じられます…
  • 茶杓の銘[十二]5月(秋)

    茶杓の銘[十二]5月(秋)

    ブラジルでは秋になり、少しずつですが、肌寒く、朝もゆっくりと夜が明けます。日本は新緑の季節。特に5月5日は「こどもの日」。子供の健やかな成長を願う日です…
  • 茶杓の銘[十一]4月(秋)

    茶杓の銘[十一]4月(秋)

    当地は、朝晩の涼しさに、秋がゆっくりと到来していることを感じる季節です….
  • 茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    茶杓の銘[十]3月(晩夏)

    ブラジルではカルナバルも終わり、この頃から少しずつ涼しくなるといわれています。しかし、まだまだ夏の気配の色濃い月です…
  • 茶杓の銘[八]1月(夏)

    茶杓の銘[八]1月(夏)

    明けましておめでとうございます。ブラジルは真夏の新年です。 日本では、1月1日のことを、一年の一番最初の日ということで「元日(がんじつ)」とも言います。また、一般的には3日までを「三が日(さんがにち)」、「松の内(まつのうち)」と言って、「正月」を意味しています…