~ 一盌からピースフルネスを ~

禅寺の鐘の音

松原直美(宗美)

「ゴーン、ゴーン…」
毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします。ある西洋人の子供が「寺の鐘の音は低くて不気味」と言っていました。確かに、高い所から聞こえてくる教会のベルの軽やかな音と違い、大きくて厚い鐘の音は地から湧いてくるように低いです。しかし日本で生まれ育った私は低い鐘の音を聞くと気分が静まります。

主人の仕事の都合で私はリオから2020年3月末に日本に帰国しました。リオに滞在した2年間、リオ郵便局ホールやリオ州立大学、リオ祭り、ペトロポリス文化祭やショッピングモールなど、多くの場所で茶道行事を行いました。ミナス日本祭りではサンパウロの先生方・社中の方と協働でき、新たな刺激を受けたことも良い思い出です。
日本に帰国後は、禅寺の近くに住んでいるのをきっかけに仏教に関する本を読んでいます。リオでの茶道稽古ではお軸に書かれた禅語、例えば「無事之貴人」や「本来無一物」などの意味を皆さんに説明していました。しかし、「本当にその意味を理解していない私が皆さんに説明すべきではない」といつも思っていました。禅は修行、つまり体と心で経験してはじめて真意が悟れる奥の深い道で、生半可に本を読んだだけでわかるものではありません。しかしコロナ禍で外出自粛体制のなか、時間があることを幸いに禅の精神に少しでも近づきたいと願いつつ本を読んでいます。

夕方6時。ふたたび禅寺から「ゴーン…」という鐘の音が響いてきます。たとえ一瞬でも、今日はどんな日であったか、どんな日にしたかと一日を振り返る良い機会になります。コロナ流行下でも、茶の湯と出会えた喜びを感じながら、一日一日をかけがえのない日にしていきたいです。

(元日伯文化協会リオデジャネイロ裏千家茶道講師)

Veja também

  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • かえりみて

    かえりみて

    武田宗知 - 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります…
  • 親愛なる社中の友

    親愛なる社中の友

    カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ - 感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました…
  • "Todo dia é um bom dia!"

    “Todo dia é um bom dia!”

    小笠原・春子・ハルチマン・宗晴 - ここ数カ月間の自粛期間は異例の状況を我々に経験させていますが’、個人的には数々の格別のインスピレーションを与えてくれています。従ってこの見出しとして「パンデミック下の洞察」とつけたいところです…
  • うつろいということ:自粛中の日本より

    うつろいということ:自粛中の日本より

    洲崎 宗勝 - 拙宅がある東京郊外の三鷹市は今、春から夏への季節のうつろいの中にある。猫の額ほどの庭にも朝日が深々と差しこみ、柴折戸からの風が南天なんてんの細い緑の葉と白い粟粒のような花を揺らす。気が付けば昨日よりは今日、そして今日よりは明日へと陽光は確実に輝きを増し、吹く風も勢いを増している…