~ 一盌からピースフルネスを ~

かえりみて

武田宗知

 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります。
 その間、十五代千宗室のなられた鵬雲斎御家元や、故登三子夫人同伴で御来伯なされたり、一九九五年には、現坐忘斎家元(当時千宗之若宗匠)も容子夫人同伴で御来伯下され、ブラジルには大変ご配慮下されました。
 又 広範囲に茶道を広める為に、林宗慶、宗円両先生を派遣下さり、現在に至って居ります。
 現在コロナ禍の為、伯栄庵のお稽古には行かれず、どの教室もとざされて居り、自粛の現在です。
趣味の俳句を作ったり、中国せっ江省で買った筆や硯で、書道をしたり、握りずしや佃煮を作って楽しんでいます。
 先々代の千嘉代子夫人より賜はって、使へずに有る帛紗を広げたり畳んだり、茶道の初歩からの本を読んだり、時に厨に立ち、常備薬を作ったりと云った所で、早く同門の皆様と伯栄庵で会える日を待ち希んで居る現在です。

友垣や学びの庭も冬ざるる

 

1995年、日伯修好百周年記念の折の『茶の湯文化展』にご来伯の 現坐忘斎家元(当時千宗之若宗匠)ご夫妻、伯栄庵にて

2004年 茶道裏千家中南米普及50周年大会、晩餐会
メキシコ、日航ホテル、千玄室大宗匠と。

こちらもご覧ください

  • 7月5日、正午茶事

    7月5日、正午茶事

    7月5日に茶木宗喜先生の亭主で、正午茶事が行われました。 皆様の感想をここにご紹介します。 茶木先生は、今回は、『謝茶』の思いを込めて、お客様をご招待されました。 ご自分の病を克服して、こうして茶道が、続けられることに、喜びの気持ちが、表れています。
  • 6月28日、正午茶事

    6月28日、正午茶事

    このコロナ禍を、鑑みて、6月より数回の正午茶事を企画しました。順に追ってご紹介します…
  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • 親愛なる社中の友

    親愛なる社中の友

    カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ - 感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました…

更新情報