~ 一盌からピースフルネスを ~

親愛なる社中の友

カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ

感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。
今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました。幸い私と長男は軽症でしたが、夫は重い症状が出て病院に行きました。しかし、神のお陰で入院には至らず、自宅での療養となりました。
とても辛い19日間でしたが、信仰と「道」で学んだ前向き且つ穏やかな心持ちで、乗り越えることができました。
この期間、私自身の物と茶道具を整理しました。また、日本文化に関する本を数冊読みました。今まで学び培ってきたことから、すっかり遠ざかってしまっていたと感じ、それからは折に触れ茶道具に触れる時間を持ちました。
先週日曜日の6月14日、私は炭火をおこし、夫の為にお茶を点てました。お茶の独特な世界感を感じ、喜びに溢れました。健康な家族と共にお茶を点てる時間を持てたことに喜びと感謝を感じました。
乗り越えた困難は全て良き経験となると私は思っています。
明日6月18日、ブラジル日系移民は112周年を迎えますが、私は茶道のお稽古を始めて21年になります。
金曜日の晴れた午後2時、裏千家の教場で私達は宗慶先生に、着物を美しく着こなされた浜岡先生と万里子先生を紹介して頂きました。その日から今日に至っております。今でも鮮明に覚えております。
私は子供の頃から、人生で最も重要な日は、決して忘れてはならないことを学びました。自分の誕生日などと同じく、入門したあの日は、決して忘れることはない、私にとってとても大切な日です。
心から感謝の気持ちを込めて、日々美味しいお茶を点てております。
一期一会 

Fazendo chá em meu apartamento.

Completo 21 anos praticando o chanoyu

Veja também

  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • かえりみて

    かえりみて

    武田宗知 - 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります…
  • "Todo dia é um bom dia!"

    “Todo dia é um bom dia!”

    小笠原・春子・ハルチマン・宗晴 - ここ数カ月間の自粛期間は異例の状況を我々に経験させていますが’、個人的には数々の格別のインスピレーションを与えてくれています。従ってこの見出しとして「パンデミック下の洞察」とつけたいところです…
  • うつろいということ:自粛中の日本より

    うつろいということ:自粛中の日本より

    洲崎 宗勝 - 拙宅がある東京郊外の三鷹市は今、春から夏への季節のうつろいの中にある。猫の額ほどの庭にも朝日が深々と差しこみ、柴折戸からの風が南天なんてんの細い緑の葉と白い粟粒のような花を揺らす。気が付けば昨日よりは今日、そして今日よりは明日へと陽光は確実に輝きを増し、吹く風も勢いを増している…