~ 一盌からピースフルネスを ~

“Todo dia é um bom dia!”

小笠原・春子・ハルチマン・宗晴

ここ数カ月間の自粛期間は異例の状況を我々に経験させていますが’、個人的には数々の格別のインスピレーションを与えてくれています。従ってこの見出しとして「パンデミック下の洞察」とつけたいところです。

その洞察の一つは中国伝統医学の気功と瞑想を行っている教師や学生たちと関わったことによるものです。それはマインドフルネス瞑想と治療行為が、我々の心と体の双方の健康に同時に良い結果を出すかについての研究プロジェクトにつながりました。

この長い隔離期間の生活の中、もう一つふさわしいタイトルだと思ったのが「瞑想し、運動しよう」でした。この研究を行うために、コミュニケーション手段はメールのみとし、その他一切の気を散らすものを断念しました。パンデミックは私を隠遁期間へ無理やりに追い込みましたが、そのおかげで、この機会を活用して、現在集中するべきことに没頭しています。

これらの実り多く、深い経験は、一日一日が恵みであり、何処かしらか生じる課題に挑戦するのに良い日だということを確信させてくれています。そこで道中での出会いを恩恵に変えてくれる禅の教えや禅師への敬意を払いつつ、タイトルを最終的に「日々是好日」にしました。

皆様、良い継続の日々を。

合掌

“今日はなんの日?” プーさんが訊いた。
“今日今日だよ” ピグレットは高い声でそう答えた。
“そうか、ぼくの大好きな日だな” プーさんは言った。

Veja também

  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • かえりみて

    かえりみて

    武田宗知 - 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります…
  • 親愛なる社中の友

    親愛なる社中の友

    カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ - 感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました…
  • うつろいということ:自粛中の日本より

    うつろいということ:自粛中の日本より

    洲崎 宗勝 - 拙宅がある東京郊外の三鷹市は今、春から夏への季節のうつろいの中にある。猫の額ほどの庭にも朝日が深々と差しこみ、柴折戸からの風が南天なんてんの細い緑の葉と白い粟粒のような花を揺らす。気が付けば昨日よりは今日、そして今日よりは明日へと陽光は確実に輝きを増し、吹く風も勢いを増している…