~ 一盌からピースフルネスを ~

うつろいということ:自粛中の日本より

洲崎 宗勝

 拙宅がある東京郊外の三鷹市は今、春から夏への季節のうつろいの中にある。猫の額ほどの庭にも朝日が深々と差しこみ、柴折戸からの風が南天なんてんの細い緑の葉と白い粟粒のような花を揺らす。気が付けば昨日よりは今日、そして今日よりは明日へと陽光は確実に輝きを増し、吹く風も勢いを増している。真夏日となった一日、夕方に驟雨が庭を襲い、のんびり散歩していた野良猫が慌てて走り出す。

 新型コロナウイルスで在宅勤務を強いられているおかげで、桜が散りかけた4月初頭から早や2か月もの間、毎日毎日自宅の庭を眺めて暮らしている。こんな経験は初めてのこと。どうということもない六畳間だが、濡れ縁がついているので気が向けばいつでも庭に降りることができる。この庭は5年ほど前までは一面に砂利を引いた駐車場だった。老父母を病院に車で送り迎えするために、姉が昔の庭を潰していた。父母が相次いで亡くなったあとはそのままになっていた。それを私が一念発起して庭に戻したのだが、汗水たらして作った庭をゆっくり眺めることもなくサンパウロに赴任することとなった。

 鎌倉のお茶の先生のお庭から拝借してきた白と紫の紫蘭しらんは、開花をずいぶん待たせただけあってか次から次へと良く咲いてくれたが、今は長い花期を終えて紫陽花あじさいの影に隠れてしまった。花もつけずにひょろひょろと伸びた露草つゆくさは、一日強い雨にうたれて倒れてしまったが、どっこい倒れながらも毎朝鮮やかな紫の花を見せてくれている。淡い緑の葉の一部がある日突然粉を吹いたように真っ白になったかと思いきやちいさなとらのような花を咲かせたのは、半夏生はんげしょうである。杜鵑ほととぎす草は、花咲かせることを忘れてしまったのだろうか。花期が驚くほど長いのは雪ノ下ゆきのしただ。地を這ってひろがるハート型の葉の間からするするっと伸ばした糸のように細い茎に小さな小さな白い花をつけた様子は、まるで竿灯まつりの提灯のようだ。

 古語辞典で「うつろふ」と引くと、花が時間とともに色あせていくこと、容姿が年齢とともに衰えていくこととある。季節の移ろい、というと単に時間の経過で季節が替わっていくことと思いがちだが、じつはその陰には衰えていく、という「こころ」があるらしい。しかし、うつろふ花に美を感じるのもまた日本人が持つ感性の一つだ。

初瀬山うつろはむとや桜花色かはりゆく嶺の白雲(藤原家隆いえたか

初瀬はつせ山の桜の花は色あせて枯れていくというのだろうか、桜の花の色を映す嶺の白雲の色がうすくなりつつある)

 お茶のお点前もそうなのかもしれない、と。歳若い方のお点前は清々しくかつ華やかに映る。しかしそれも歳をかさねるうちにもうつろふ。私もまもなく六十路半ば。お点前が色あせてみすぼらしくうつろふのではなく、味わい深くうつろふことを願うのは分不相応だろうか。

国際交流基金サンパウロ日本文化センター 所長

 

Veja também

  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • かえりみて

    かえりみて

    武田宗知 - 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります…
  • 親愛なる社中の友

    親愛なる社中の友

    カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ - 感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました…
  • "Todo dia é um bom dia!"

    “Todo dia é um bom dia!”

    小笠原・春子・ハルチマン・宗晴 - ここ数カ月間の自粛期間は異例の状況を我々に経験させていますが’、個人的には数々の格別のインスピレーションを与えてくれています。従ってこの見出しとして「パンデミック下の洞察」とつけたいところです…