~ 一盌からピースフルネスを ~

セラードの悠久を憩う茶会

藤本和治

40年間慣れ親しんだサンパウロから首都ブラジリアに移って、もうすぐ3年を迎えようとしています。ブラジリアの気候は、乾季(4月~9月)と雨季(10月~3月)に分かれていて、昨年は乾季の間、120日以上も雨が無く、サンパウロとの気候の違いに驚きました。しかし、10月に入ると、乾季の終わりを告げる待望の雨が降り、乾ききった大地を潤してくれます。それはまた春の訪れを知らせる雨でもあります。ここに住む人々は、毎年この雨を心待ちにします。

さて、ブラジリアに引っ越して直ぐ、林宗円先生からゴヤス州アナポリス市(ブラジリアから南西に約200キロ)でのお茶会のお話しがありました。準備期間は約1年。打合せを重ね、テーマは「春」に決まり、お道具は、大使館からお借りした他、サンパウロから車で搬送しました。

そして迎えた2018年10月12日。アナポリス市郊外にある、陶芸家の本城正行氏邸宅内において、「セラードの悠久を憩う茶会」が開催されました。前夜には、春の訪れを知らせる雨があり、会場は朝から清々しい雰囲気に包まれていました。

この日、ブラジリアからは、山田彰大使ご夫妻とJICAの斉藤顕生所長、サンパウロからは、ブラジル日本移民110周年記念式典委員会の菊池義治実行委員長、裏千家ブラジルセンターの一行(約20名)他、地元の日系人や日本文化に興味を持つ方々等、約120名がご出席下さいました。

木々の間から射し込む陽光、竹の揺れる音、鳥の囀りにつつまれた庭園内には、本席(八畳のゴザ席)、点心席、立礼席が設けられた他、大小様々な生け花(草月流)や陶芸の作品が各所に展示されました。

ブラジリア地区で、このような大掛かりなお茶会が開催されるのは初めてのことでしたが、サンパウロから参加されたある教授の先生は「日本でもなかなか出会えない茶会でした」とご感想を述べられたとのこと。途中、家主が飼育している孔雀が屋根の上に現れるというハプニングにも遭遇。まさに「一期一会」の茶会となり、訪れた方々は、春の訪れを感じつつ日本文化を満喫したご様子でした。また、私にとっては、“もう一度、一からお茶を学びたい”との思いをもたせてくれた行事でもありました。

裏千家ブラジリア地区代表

 

Veja também

  • 禅寺の鐘の音

    禅寺の鐘の音

    松原直美(宗美) - 「ゴーン、ゴーン…」毎朝6時に、近くの禅寺から鐘の音が聞こえてきます。東京の住宅街にある有名なお寺の鐘です。この音で、私はたいてい目を覚まします…
  • 日々是好日(にちにちこれこうにち)

    日々是好日(にちにちこれこうにち)

    エリソン・宗尊・トンピソン・デ・リマ - 日本での勉強と修行の中で、この言葉を学びました。日々、普段我々が生活をしていくなかでもっとも良しとされるのが『今この時間を生きている現実』と捉えることができます…
  • かえりみて

    かえりみて

    武田宗知 - 1954年サンパウロ市制四百年祭の時、裏千家が海外普及の為、当時の千宗興若宗匠、舎弟納屋嘉治を派遣し、私共会員が空港にお出迎えして以来、もう六十数年になります…
  • 親愛なる社中の友

    親愛なる社中の友

    カルメン・ルシ・宗歌・コンティ・ヴィエイラ - 感謝と懐かしい想いを込めてしたためます。今回の隔離は私達に過去を振り返り、想いを馳せる時間を与えてくれています。隔離生活も3ヶ月を過ぎようとしておりますが、最初の一週目に我が家はCovid19と対峙することとなりました…
  • "Todo dia é um bom dia!"

    “Todo dia é um bom dia!”

    小笠原・春子・ハルチマン・宗晴 - ここ数カ月間の自粛期間は異例の状況を我々に経験させていますが’、個人的には数々の格別のインスピレーションを与えてくれています。従ってこの見出しとして「パンデミック下の洞察」とつけたいところです…