~ 一盌からピースフルネスを ~

2018年、サンパウロ大学修了茶会

 恒例のサンパウロ大学、日本文化研究所内の茶道、生花講座の修了茶会、及び生け花展が、12月1日に、研究所内で行われた。今年の茶会のテーマは、ブラジル日本移民110周年。それを記念して、懐紙には、ロゴマークの二匹の鶴の透かしが入り、お菓子は、講座の生徒の手づくりで、日本とブラジルのお菓子のコンビネーション。小豆粒入りの水羊羹に、“ソバ板”風のクッキーとミニ・ケーキが2種。なかなか好評だった。


 茶席には、珍しい花入れに、茶花ジャカランダが入れられた。

 茶会の後、今年六月三十日にジャパンハウスで、行われた「茶碗プロジェクト」が好評だったが、人数制限があった為、特別に林宗一氏による再講演会が行われた。


 尚、来年のこの講座は、3月16日から始まり、受講したい人は、下記の案内をご覧下さい。

  http://sce.fflch.usp.br/node/2130

2018年12月

こちらもご覧ください

  • 第8回 ミナス日本祭り

    恒例となった「第8回ミナス日本祭り」が、2月22日から24日まで、快晴の下、ミナス州都、ベロオリゾンテ市で開催されました…
  • 資生堂の茶会ーー日本のおもてなし

    資生堂より依頼され、2月10日に、トランスアメリカ・プライアムホテルで、茶の湯接待、デモンストレーションが行われた…
  • 11代大樋長左衛門氏ご来伯

    大樋長左衛門氏のゆかりの茶碗でお茶を差し上げ、お菓子は手づくりの主菓子と、ブラジル北東部の伝統菓子を用意しました。ブラジルの茶室でゆっくりと、ひと時をお楽しみ頂きました…
  • 2019年度 初点・新年祝賀会

    2019年1月13日、マクソード・ プラザ ホテルにて初点・初いけ・新年祝賀会が開催されました。本年は、昨年のブラジル日本移民110周年の祝賀会で、好評を得たため、初めての試みとして、裏千家ブラジルとブラジルいけ花協会の共催のもと…
  • 忘年会

    2018年(平成30年)12月14日、恒例の忘年会がサンパウロ市ジャルジン地区のレストラン「Etto」で開催されました…