~ 一盌からピースフルネスを ~

宗旦忌

 2019年11月24日、伯栄庵にて「宗旦忌」が、つつがなくおこなわれた。

 今回は、ブラジル日本文化福祉協会会長の石川レナト様より開会のご挨拶をいただき、ロンドリーナの尾形宗俊先生、リオデジャネイロの松原宗美先生もご来庵された。その他 グアタパラー、モジ・ダス・クルーゼスの人々も参加した。

 故人の冥福を祈り、最初にクレシオ宗和サントス、小笠原宗晴(半東)による供茶。許状引次式では、林宗一代表より横畠宗有、ノルマ宗恵ペレス2名に準教授、その他約30名に許状が授与された。

 その後の茶会では、八畳で七事式「三友之式」「平花月」「且座」「一二三之式」「濃茶付花月」、四畳半で濃茶席、六畳で点心席、立礼で薄茶席が行われた。

 点心席では季節感溢れる会員手作りの「一汁三菜」のおもてなし。

 濃茶席では銀杏を模った主菓子や、薄茶席では会員手作りのお菓子(水牡丹)で、 富士釜 にギヤマンの茶碗の取り合わせで、涼やかな’’和’’が演出されていた。

 

 

2019年12月

こちらもご覧ください