~ 一盌からピースフルネスを ~

もったいないの日本文化 ~ 自然の素材 Ⅶ い草・シュロ

 さまざまな天然素材の中で、和室の畳などに使われるい草と、シュロについて、今回紹介します。

 

【い草】

 い草(藺草)は、標準和名はイ(藺)。これは最も短い標準和名として知られています。畳表やゴザ、帽子や枕の材料ともなり、粽(ちまき)を笹でくるむ際に、結わえる紐としても使われます。別名の燈芯草は、行灯の灯心として用いられ、この花茎の髄の燈芯として使ったことに由来し、今日でも和蝋燭の芯の素材として用いられています。

〔い草について〕
 畳の原料として用いられるい草は、1100年以上前から用いられ、Juncus(ジュンカス)属に分類され、多年草の宿根性草本ですが、Juncusとはラテン語で「結ぶ」という意味があるそうで、原産地は、インド。シルクロードを経て朝鮮半島から日本に伝わったと言われ、日本では北海道から沖縄まで全土に自生しています。

〔生産地〕
 い草の日本における主な生産地は、熊本県八代地方で、国産畳表の8~9割を生産しています。 他に石川、岡山、広島、高知、福岡、佐賀、大分県等があります。近年中国産で安価ない草が、多く輸入されています。このため日本国内のシェアは、住宅の洋化も伴い、3~4割に低下しているそうです。

〔い草の効能〕
 日本最古の医書『医心方』(984年、丹波康頼〕では、この薬草の記述があります。食物繊維が100g中63%をしめ、ウエスト減少傾向も認められ、炎症や水腫の改善、足の臭いの軽減効果もあり、抗菌作用、利尿剤としても用いられます。

 近年自然素材の見直しや健康志向の高まりによって、再びその価値に対する注目が集まっており、日本国内の産地では、さらなる品質の向上、高級化を目指しているとのことです。

**い草のリラックス効果は、フィトンやバニリンという成分の為、室内でも、森林浴のような気分が味わえるからだそうです。

 

【シュロ】

 シュロは、棕櫚、棕梠と書きます。五種類以上が属するシュロは,狭義には、ワシュロの別名で、広義にはさまざまなヤシ科の植物を意味し、常緑高木。乾湿、陰陽の土地条件を選ばず、耐火性、耐潮性を、合わせて持つ強健な樹種であり生育は遅く、管理が少ないため手間がかからないようです。

〔利用〕
 庭園の装飾樹として用いられる他、樹皮はシュロ縄として、古くから利用されており、乗り物用を、含む、椅子やベットのクッション材となります。

〔西洋絵画〕
 西洋絵画において、シュロは”勝利”や”殉教”を象徴する図像としてえがかれています。

〔家紋〕
 シュロを図案化した家紋があり、富士山本宮浅間大社の大宮司を、継承する社家の富士氏(ふじし、 ふじうじ)が使用しています。

〔用途〕
 シュロは、たわし、帚、ブラシ、ササラなどを作り花言葉は”勝利”で、「汚れを掃き清める」の意。
海水でも腐らない為、漁で使われるロープや網にして海苔の養殖に使われたり、葉、花,実は漢方薬〔高血圧、止血薬、強壮剤〕や、お茶にして飲まれます。葉や樹皮は人形や、祭りごとの装飾品にも利用されます。

★たわし健康法で、”冷え性改善”(シュロのたわしは、血行改善に効能があると言われています)や、新年の無病息災を、願ってみてはいかがでしょう。

2018年6月

Veja também

  • もったいないの日本文化 ~ “供養”と民話“つくも神” 「針供養、筆供養、茶筅供養」

    もったいないの日本文化 ~ “供養”と民話“つくも神” 「針供養、筆供養、茶筅供養」

    今回は、「もったいないの日本文化」の最終回となります。当初この草稿をたちあげたとき、読者の皆様、「もったいない」という言葉の中に、「なにが」「どうして」と、不思議に疑問に思ったことでしょう。こうして二年間に亘り、「もったいない」を連載するうちに、自ずから「もったいない」が、見えてきました。今回の「供養」は、そのまとめにもなります…
  • もったいないの日本文化 ~ 「金つぎ」「古民家」

    もったいないの日本文化 ~ 「金つぎ」「古民家」

    【金つぎ】金継ぎとも書きます。やきものの器は、さまざまあります。普段使いの茶碗から、高価なものまで。これらを割ってしまった時、日本には伝統的なやきものの修理方法があり、「金継ぎ」といわれます。…
  • もったいないの日本文化 ~ さまざまな天然素材の利用

    もったいないの日本文化 ~ さまざまな天然素材の利用

    職人たちの優れた技によって、自然の中の草や木の素材が、見事な工芸品に生まれ変わります。日本の場合、木の皮やヨシ、い草等がそうです。ヤマザクラの木の皮を用いて作られた樺細工の弁当箱や、茶筒、茶ベラ、お盆。木製の墨入れ(やたて)、ヨシのすだれ、ついたて、ヨシ葺きの屋根等…
  • もったいないの日本文化 ~ 灰

    もったいないの日本文化 ~ 灰

    「灰」は、草や木、動物などを燃やした後に残る粉末状の物質で、古より有用な化学物質として、広く用いられてきました。灰の主要成分は、金属元素ミネラル(カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ナトリウム、銅、カルシュウム、アルミニウム)や珪酸などです…
  • もったいないの日本文化 ~ 自然の素材 Ⅴ 和紙(二)

    もったいないの日本文化 ~ 自然の素材 Ⅴ 和紙(二)

    前回に引き続き、「和紙」をテーマにその用途について紹介します…