~ 一盌からピースフルネスを ~

【五】 ご

 漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ゴと読み、訓読みは、いつ、いつ(つ)と読みます。( )の中は「送りがな」です。

 「上」・「下」の棒は天・地を指し、「×」は天・地に作用する5つの元素(火・水・木・金・土)を示します。この5つの元素から、「いつつ」を意味する「五」という漢字が成り立ちました。

 意味は、数の名前、四(し)の次の数、いつ、(例:五枚、五つ)。四番目の物事の次の物事、(例:五月、五番、第五)。四回行ってから、もう一回行う事。いつ、(例:五度(ごど、いつたび))。いつつ、辰(たつ)の刻(今の午前8時)と戌(いぬ)の刻(今の午後8時)。

 人名では、音読み・訓読み以外の読みで、い、いず、かず、さ、ゆ、ゆき等つけられています。

 

筆順

2019年10月

Veja também

  • 【八】 はち

    【八】 はち

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ハチ、ハツと読み、訓読みは、や、や(つ)、やっ(つ)、よう、と読みます…
  • 【七】 しち

    【七】 しち

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、シチと読み、訓読みは、なな、なな(つ)、なのと読みます…
  • 【六】 ろく

    【六】 ろく

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ロクと読み、訓読みは、む、む(つ)、むっ(つ)、むいと読みます。( )の中は「送りがな」です…
  • 【四】 し

    【四】 し

    音読みは、シと読み、訓読みでは、よ、よ(つ)、よっ(つ)、よん、と読みます。()の中は「送りがな」です。一、二、三と同様、横線の数で数字を表した漢字「亖」はありますが、現在では使用されません…
  • 【三】 さん

    【三】 さん

    音読みは、 サンと読み、訓読みでは、み、み(つ)、みっ(つ)と読みます。(つ)は送りがなです…