~ 一盌からピースフルネスを ~

日本語豆知識【一】

 今月から新しく「日本語コーナー」を設けて、やさしい日本語を紹介したいと思います。

編集部より

 

【一】 いち

 音読みは、 イチ、イツと読み、訓読みでは、ひと、ひとつと読みます。

 成り立ちは漢字辞典によると、「横線の数で数字を表した漢字である」ということが分かります
意味は、 数の名、ひとつ。物事の最初、一番目。ひとたび。最上、最高。ひとまとまりであり、同じである様を言い、他をまじえず、それ一つだけ、もっぱら等。ある一つの、もう一つの、ほんのわずか。三味線などで、いちばん音の低い太い糸をいちと言います。

 人名で、一は、いち、はじめ、まさし、かず、まこと等つけられています。

 証書や契約書では誤解を避けるために、同じ一でも「壱」の字をもちいます。

2019年2月

こちらもご覧ください

  • 四

    音読みは、シと読み、訓読みでは、よ、よ(つ)、よっ(つ)、よん、と読みます。()の中は「送りがな」です。一、二、三と同様、横線の数で数字を表した漢字「亖」はありますが、現在では使用されません…
  • 三

    音読みは、 サンと読み、訓読みでは、み、み(つ)、みっ(つ)と読みます。(つ)は送りがなです…
  • 日本語豆知識【二】

    日本語豆知識【二】

    音読みは、 ニと読み、訓読みでは、ふた、ふたつと読みます。成り立ちは漢字辞典によると、「横線の数で数字を表した漢字である」ということが分かります…