~ 一盌からピースフルネスを ~

【九】 きゅう

漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、キュウ、クと読み、訓読みは、ここの、ここの(つ)、と読みます。( )の中は「送りがな」

これは、象形文字(ものの形から生まれた文字)です。
「屈曲(折れ曲がって)して尽きる」象形から、数の尽き極(きわ)まった「ここのつ」を意味する「九」という漢字が成り立ちました。

 

意味は、「数の名前。八(はち)の次の数。ここの。く。」(例:九枚、九つ、九日)
「八番目の物事の次の物事。く。」(例:九月、九番、第九)
「八回行ってから、もう一回行う事。く。ここの。」(例:九度(きゅうど、くど、このたび))
「数の多い事。ここの。」(例:三拝九拝、九重)
「集める」、「集まる」、「合わせる」(例:九合)
「数の終わり」
「久しい」、「老いる」
「ここのつ。(子(ね)の刻(真夜中の十二時)、また、午(うま)の刻(真昼の十二時))」

その他の読み方では、九十九髪 (つくもがみ)、九十九折 (つづらお) り、などがあります。

人名では、音読み・訓読み以外の読みで、「かず」、「ここ」、「ただ」、「ちか」、「ちかし」、「ひさ」とつけられています。

  筆順

2020年9月

こちらもご覧ください

  • 13. 風

    13. 風

    「風」という言葉から皆さんは何を思い起こされますか。そよ風、暴風雨など色々ありますね。私たちの身近な生活では、タンポポなどのように、風による種子散布を行うものがあります。また、人工的に風を発生させて体温を下げる扇風機や団扇扇子などが利用されています。エアコンなどの空気調和設備では、気温や温度だけでなく風(気流)の制御も重要です…
  • 12. 鳥 とり チョウ

    12. 鳥 とり チョウ

    羽を広げて青空を自由に飛んでいる大きな鳥、庭先でチョンチョンと飛び回っている小鳥たちは世界中で私たち人間の生活に密着して大切な役目を果たしています。鳥の一番の特徴は羽を広げて飛ぶことが出来ることでしょう…
  • 11. 花

    11. 花

    前回までは漢数字の一から十までを取り上げましたが、今回からは漢字一文字ずつご紹介します。日本語に「花鳥風月」と言う四字熟語があります。現在では美しい景色、風景を指したり楽しむという意味で良く使われていますが、もともとは貴族や武家が自然な景色を鑑賞し、詩を楽しむ遊びのことをこう呼んでいたようです。この四文字を紹介したいと思います…
  • 【十】 じゅう

    【十】 じゅう

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ジュウ、ジッ、と読み、訓読みは、とお、と、と読みます…
  • 【八】 はち

    【八】 はち

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ハチ、ハツと読み、訓読みは、や、や(つ)、やっ(つ)、よう、と読みます…