~ 一盌からピースフルネスを ~

【九】 きゅう

漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、キュウ、クと読み、訓読みは、ここの、ここの(つ)、と読みます。( )の中は「送りがな」

これは、象形文字(ものの形から生まれた文字)です。
「屈曲(折れ曲がって)して尽きる」象形から、数の尽き極(きわ)まった「ここのつ」を意味する「九」という漢字が成り立ちました。

 

意味は、「数の名前。八(はち)の次の数。ここの。く。」(例:九枚、九つ、九日)
「八番目の物事の次の物事。く。」(例:九月、九番、第九)
「八回行ってから、もう一回行う事。く。ここの。」(例:九度(きゅうど、くど、このたび))
「数の多い事。ここの。」(例:三拝九拝、九重)
「集める」、「集まる」、「合わせる」(例:九合)
「数の終わり」
「久しい」、「老いる」
「ここのつ。(子(ね)の刻(真夜中の十二時)、また、午(うま)の刻(真昼の十二時))」

その他の読み方では、九十九髪 (つくもがみ)、九十九折 (つづらお) り、などがあります。

人名では、音読み・訓読み以外の読みで、「かず」、「ここ」、「ただ」、「ちか」、「ちかし」、「ひさ」とつけられています。

  筆順

2020年9月

Veja também

  • 【八】 はち

    【八】 はち

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ハチ、ハツと読み、訓読みは、や、や(つ)、やっ(つ)、よう、と読みます…
  • 【七】 しち

    【七】 しち

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、シチと読み、訓読みは、なな、なな(つ)、なのと読みます…
  • 【六】 ろく

    【六】 ろく

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ロクと読み、訓読みは、む、む(つ)、むっ(つ)、むいと読みます。( )の中は「送りがな」です…
  • 【五】 ご

    【五】 ご

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ゴと読み、訓読みは、いつ、いつ(つ)と読みます。( )の中は「送りがな」です。「上」・「下」の棒は天・地を指し、「×」は天・地に作用する5つの元素(火・水・木・金・土)を示します…
  • 【四】 し

    【四】 し

    音読みは、シと読み、訓読みでは、よ、よ(つ)、よっ(つ)、よん、と読みます。()の中は「送りがな」です。一、二、三と同様、横線の数で数字を表した漢字「亖」はありますが、現在では使用されません…