~ 一盌からピースフルネスを ~

【六】 ろく

 漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ロクと読み、訓読みは、む、む(つ)、むっ(つ)、むいと読みます。( )の中は「送りがな」です。

成り立ち

 「家屋(家)」の象形から、転じて数字の「むつ」を意味する「六」という漢字が成り立ちました。

 意味は、数の名前、五(ご)の次の数、むっ、りく、(例:六枚、六つ、六芸)。五番目の物事の次の物事、(例:六月、六番、第六)。五回行ってから、もう一回行う事、む、(例:六度(むたび、ろくど)。

 その他の読み方では、十六夜(いざよい)、双六(すごろく)、六十(むそ)などがあります。

 人名では、音読み・訓読み以外の読みで、むつ、とつけられています。 

 金銭証書などで、間違いを防ぐために「陸」を用いることがあります。

 

筆順

2019年12月

こちらもご覧ください

  • 21. 目

    21. 目

    これから少し私たちの五感を表す文字について調べていこうと思います。今回は「目」という文字について学びましょう…
  • 20. 水

    20. 水

    水は、ヒト(人)を含む多くの生命体にとって不可欠な物質です。地球と同じように生命が発生・存続しているかどうかの判断はその惑星に水が存在しているかどうかが決め手となっています…
  • 19. 金

    19. 金

    この字を『キン』と呼んでも「お金」と呼んでも、現代の私たちにとって金は最も大事なものの一つではないでしょうか。今回はこの「金」という日本語について調べてみましょう…
  • 18. 土

    18. 土

    私たちの地球の表面を覆っている土について少し考えてみましょう。土とは何でしょう。土はもともと岩石が風化したものです。土の中にはたくさんの生き物がいます…
  • 17. 「火」

    17. 「火」

    人類が火を発見したことにより人間と生き物との違いが大きくなり、また人間独特の発達成長が促されました…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会