~ 一盌からピースフルネスを ~

【三】 さん

 音読みは、 サンと読み、訓読みでは、み、み(つ)、みっ(つ)と読みます。(つ)は送りがなです。

 成り立ちは漢字辞典によると、一、二と同様、「横線の数で数字を表した漢字である」ということが分かります。

 意味は、数の名、二(に)の次の数、み、みつ、(例:三枚、三つ、三葉)。二番目の物事の次の物事、(例:三番、第三)。二回行ってから、もう一回行う事、み、(例:三回、三度)。何度も、(例:三拝九拝)。

三味線

 その他の読み方では、三味線(しゃみせん)、三和土(たたき)、三十日(みそか)などもあります。

 人名で、三は、音読み・訓読み以外の読み方で、かず、さえ、さぶ、ぞう、ただ、なお、みる等つけられています。 

 証書や契約書では誤解を避けるために、「三」の代わりに「参」の字を用います。

2019年6月

Veja também

  • 【六】 ろく

    【六】 ろく

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ロクと読み、訓読みは、む、む(つ)、むっ(つ)、むいと読みます。( )の中は「送りがな」です…
  • 【五】 ご

    漢字・漢和・語源辞典によると、音読みは、ゴと読み、訓読みは、いつ、いつ(つ)と読みます。( )の中は「送りがな」です。「上」・「下」の棒は天・地を指し、「×」は天・地に作用する5つの元素(火・水・木・金・土)を示します…
  • 【四】 し

    【四】 し

    音読みは、シと読み、訓読みでは、よ、よ(つ)、よっ(つ)、よん、と読みます。()の中は「送りがな」です。一、二、三と同様、横線の数で数字を表した漢字「亖」はありますが、現在では使用されません…
  • 【二】 に

    【二】 に

    音読みは、 ニと読み、訓読みでは、ふた、ふたつと読みます。成り立ちは漢字辞典によると、「横線の数で数字を表した漢字である」ということが分かります…
  • 【一】 いち

    今月から新しく「日本語コーナー」を設けて、やさしい日本語を紹介したいと思います…