~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの植物

今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。
豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。
中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう。
こうご期待ください。

編集部より

ブラジルの植物

 ブラジルには、その広大な領土のおかげで、他の国々では見られない動植物相があります。そのバイオームは独自の特徴を示し、現在に至っても動植物の新種を発見、分類することが可能です。

 ブラジルの多くの自生植物は、美しい花を持っており、ブラジルで行われている茶会のための「茶花」に使うことができる花もあります。

 植物種の花の開花季節のリズムに従い、ブラジルの秋に咲く種類の一つを紹介しましょう。

 秋の始まりから咲いているブラジル大西洋林在来種の俗称で知られるQuaresmeira(クアレズメイラ)[Tibouchina granulosa]です。クアレズメイラという俗称は、花の色と開花期間(カーニバルとイースターの間の40日間の期間 = Quaresma クワレズマ)に由来します。花は通常紫色ですが、ピンク色や白い花の種類もあります。

 クアレズメイラはたとえ貧弱な土壌でも、素朴で栽培が容易な先駆植物です。この種類は熱帯、及び亜熱帯の暖かな地域を好み、中温の寒さにもよく耐えます。

 クアレズメイラの木は観賞用にもなります。丸い型の梢は濃い緑色で、木の高さは 通常小から中程度で、8メートルから12メートルに達します。

 胴体の直径は、30センチから40センチ程度です。クアレズメイラの寿命は 60年から70年と言われています。リオデジャネイロ、サンパウロ、ミナス・ジェライス州に多く見られます。

 

 

 

2019年8月

Veja também

  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…
  • 公現祭(こうげんさい)

    公現祭(こうげんさい)

    公現祭は、イエス・キリストの生誕に因んだカトリックの行事です。ブラジル特有の公現祭の起源は、ポルトガルやスペインのカトリック教会の伝統に、アフリカやブラジルの先住民族インデオの文化の影響を組み込んだことに、関連づけられています…
  • 聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    聖テレーズの日 (Santa Teresinha)

    今回は、カトリックの世界で有名な聖テレーズを紹介します。10月1日は聖テレーズの日です。サン・パウロでは、聖テレーズへの尊敬とその教えに感謝する数多くのミサが行われますが、10月1日のミサは特に盛大です…
  • インディアン・デー

    インディアン・デー

    インディアンの国際祝日は8月9日です。ブラジルでは、4月19日に「インディオの日」を祝います。この祝日は全米インディアン議会に敬意を表し、その開催日4月19日を元に制定されました…
  • 聖週間

    聖週間

    聖週間は、イエスキリストの受難、死と復活を記念するカトリック教の伝統的な行事を指します。キリストがエルサレムに入城した際を思い起こす「枝の主日」(受難の主日)から、復活祭までの一週間です…