~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの植物 14.クリスマスサボテン(シュルンベルジェラ)Flor-de-maio, Cacto-de-natal.

クリスマスサボテンはシュルンベルジェラという学名で知られ、ブラジルの熱帯雨林に自生するこのサボテンは砂漠のサボテンと違って刺がありません。

 

白からピンク、赤、だいだい色、淡い黄色、紫まで様々な色合いの花を咲かせます。

 

 

クリスマスサボテンは開花する場所と時期によって違った名称を持っています。南半球では五月の花またはイースターのサボテンとして知られ、北半球ではクリスマスサボテンの名で呼ばれています。また絹の花としても知られています。

受粉後、一センチから二センチの小さな実ができます。それが熟すれば濃いピンクまたは赤色に変わります。

 

 

クリスマスサボテンは30センチまでの高さに成長します。しかし、直径10センチの植木鉢でも 栽培可能です。直射日光を避け適度な湿気を好みます。毎日霧吹きで濡らしてもいいし湿った小石の受け皿の上に載せておくこともできます。これは特に空気が乾燥している冬の時期に適しています。もう一つ面白い自然なケアとして緑茶の抽出液を使用することです。それは、お茶にはビタミン、ミネラル、抗酸化物質、その他の栄養素が含まれているので、植物が健康に成長し、さらに青々とした花を咲かせることができます。オーガニックのお茶がおすすめです。茶葉を30分煮て冷ましてから使用します。最初は通常の水で土を濡らしてからお茶を塗り、葉にもスプレーしてください。

2024年5月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    この植物はブラジルと南アメリカの国々が原産地で、熱帯性、亜熱帯、地中海や温暖気候でよく生育します。ムサンベーはクレオメ、ベイジョ・フェドレント「悪臭のキス」、蜘蛛花、セテ・マリアス「七のマリア」という名でも知られています…
  • ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    カシューナットノキは漆科に属する常緑樹、ブラジル北東部の原産植物です。学名はAnacardium occidentaleで大樹と小樹の二種類あります。大樹は5メートルから12メートル、20メートルに及ぶものもあり、小樹は4メートルまでの高さに生長します…
  • ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    オラプロノービスの学名はペレスキア・アクレアタ(Pereskia aculeata )です。日本名はモクキリン、サボテン科コノハサボテン属の一種であります。茎や枝に刺がありますが、見慣れているサボテンとは全然違います。それに他の植物と同じように葉が付いています…
  • ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    カンブカーはこの名の他カンブカバ、カンブリコー、カンビカーの名前でも知られています。バイア州、エスピリト・サント州、パラナ州とサンタ・カタリナ州の大西洋岸原生林の植物であり生息地でも数少なく成長が遅い植物であります…
  • ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

    この村の名前は聖フランシスコ・ザビエル(1506-1552)別名「東洋の聖パウロ」に由来しています。それは、この人が熱心な宣教師でイエズス会創立の一人でもあります…