~ 一盌からピースフルネスを ~

ブラジルの風物 9. 聖フランシスコ・ザビエル São Francisco Xavier

 この村の名前は聖フランシスコ・ザビエル(1506-1552)別名「東洋の聖パウロ」に由来しています。それは、この人が熱心な宣教師でイエズス会創立の一人でもあります。キリスト教に改宗した初めての日本人、アンジロウという人に出会ってから日本で宣教したいと思いました。アンジロウはザビエルから洗礼を受けて「パウロ・デ・サンタ・フェ(聖信パウロ)」という霊名を授かりました。1549年にアンジロウと一緒に日本に行き言葉と習慣を習いました。

 聖フランシスコ・ザビエルはサン・ジョゼ・ドス・カンポス市に所属する村であり、商業の中心地から53㎞離れていてサン・パウロ市からは149㎞のところにあります。マンチケイラ山脈に囲まれている谷間で岩、滝、川、小道、動植物が豊富です。それに、自然保護地域でもあり、15kgもあるクモザルが生息しています。

 良質の生活環境を求めて多くの人がそこに移住しきれいな民宿やレストランに投資したので大勢の観光客を惹きつけています。観光しながら楽しめるコースには自然、美食、文化と冒険があり、展望台も滝もあります。ペドラ・デ・サン・フランシスコ展望台は巨大な岩石の上からマンチケイラ山脈全体の美しい光景を360°目にすることができます。実に素晴らしいです!

 

 

 山の中の細道を登ったり、下ったりしながら一時間ぐらいかかってようやく滝を眺めることができます。ペドロ・ダヴィの滝は水量が最も多く美しい滝の一つです。

 

 

 この土地にはこの地特有の滝と数本の桜の木があり緑の中に特別な彩りを添えています。

 

2022年11月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    ブラジルの植物 13. 西洋風蝶草 クレオメ Mussambê

    この植物はブラジルと南アメリカの国々が原産地で、熱帯性、亜熱帯、地中海や温暖気候でよく生育します。ムサンベーはクレオメ、ベイジョ・フェドレント「悪臭のキス」、蜘蛛花、セテ・マリアス「七のマリア」という名でも知られています…
  • ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    ブラジルの植物 12. カシューナットノキ Cajueiro カジュエイロ

    カシューナットノキは漆科に属する常緑樹、ブラジル北東部の原産植物です。学名はAnacardium occidentaleで大樹と小樹の二種類あります。大樹は5メートルから12メートル、20メートルに及ぶものもあり、小樹は4メートルまでの高さに生長します…
  • ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    ブラジルの植物 11. オラプロノービス ora-pro-nóbis 杢キリン

    オラプロノービスの学名はペレスキア・アクレアタ(Pereskia aculeata )です。日本名はモクキリン、サボテン科コノハサボテン属の一種であります。茎や枝に刺がありますが、見慣れているサボテンとは全然違います。それに他の植物と同じように葉が付いています…
  • ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    ブラジルの植物 10. カンブカー Cambucá

    カンブカーはこの名の他カンブカバ、カンブリコー、カンビカーの名前でも知られています。バイア州、エスピリト・サント州、パラナ州とサンタ・カタリナ州の大西洋岸原生林の植物であり生息地でも数少なく成長が遅い植物であります…
  • ブラジルの風物 8. アハイアウ・ダ・ジュダ (Arraial d’Ajuda)

    ブラジルの風物 8. アハイアウ・ダ・ジュダ (Arraial d’Ajuda)

    ブラジルは大西洋に沿って7491キロメートルの海岸があり、また面積が大変広い川もあります。熱帯性の気候が多種多様の生態系と自然資源をもたらせています…

更新情報

2024年2月12日 新年の日本の芸術展
2024年2月1日 22. 見得(みえ)
2024年2月1日 9. スイカについて
2024年1月5日 伯栄庵道場の大掃除
2024年1月5日 TEA(日本茶)展示
2024年1月5日 USP 茶会