~ 一盌からピースフルネスを ~

和の文様-唐草-

今回の文様のテーマは「唐草」です。

唐草文様とは、蔓性の植物が絡み合い、うねるような曲線状で描かれた文様の総称です。蔓と共に他の植物や動物が一緒に描かれることも多いです。また、唐草文様の起源はもとは古代ギリシャのパルメット(ナツメヤシの葉)やエジプトのロータスとされる説もあり、それらが中国を経て日本へ伝わったと言われています。

 

【唐草文】
 最も一般的なタイプの唐草文様で、連続性のある蔓に少し葉が生えたごくシンプルな文様です。泥棒が背負っている風呂敷の模様や、獅子舞の胴体部分を覆っている布の模様、というとイメージがつきやすいかと思います。

 

【宝相唐草文(ほうそうからくさもん)】
 宝相とは宝相華(ほうそうげ)のことです。これは牡丹、芍薬、芙蓉など美しい花の部分を取り出し組み合わせたと言われる、空想の花のことです。仏教美術にもよく見られます。宝相華は唐草と一緒に描かれることが多いため、唐草文の一つとされています。

宝相華イメージ

 

【瑞鳥唐草文(ずいちょうからくさもん)】
 瑞鳥とは鳳凰のことで、中国では昔から平和な治世時に現れるとされている。そのため唐草に鳳凰をあしらったこの文様は、吉祥文様の一つとなっています。

 

【葡萄唐草文】
 これは葡萄の実、葉、蔦をモチーフに唐草文とした文様です。この文様の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでは葡萄は豊穣と祝祭を意味して、壁画などに葡萄の蔦を唐草文のように意匠化したもの見られます。また中国でも同様に、沢山の実をつける葡萄は豊穣の神とされたそうです。

 

【蓮唐草文】
 蓮の花を唐草文に組み込んだ文様です。この文様の起源はエジプトとされ、ここでは蓮の花は聖なる花とされていました。現在も、エジプトの国花は蓮です。また、仏教とも深い関わりのあるこの花は、仏教装飾にもよく見られます。

蓮(パルメット)文様イメージ

2020年5月

Veja também

  • 和の文様-雲-

    和の文様-雲-

    今回の文様のテーマは「雲」です。 ブラジルは冬ですが、日本の季節は真夏。入道雲をみて夏らしさを感じる方も多いのではないでしょうか。天候により様々な姿形へ変化し、穏やかであり荒々しくもある雲は昔の人々にとって吉凶を占う対象となっていました…
  • 和の文様-宝尽くし-

    和の文様-宝尽くし-

    今回の文様のテーマは「宝尽くし」です。宝尽くしとは、様々な種類の宝物を並べたとても縁起の良い文様です。お正月などおめでたい時期によくみかけます…
  • 和の文様-鶴・亀-

    和の文様-鶴・亀-

    今回の文様のテーマは「鶴・亀」です。新年のおめでたい雰囲気の中で鶴や亀の吉祥文様を身の周りにおくと、より一層気持ちが華やぎます。文様の種類や意味を学ぶことで、初詣や初釜など新年の行事をさらに楽しめるのではないでしょうか…
  • 和の文様-波・水-

    和の文様-波・水-

    今回の文様のテーマは「波・水」です。10月というと日本では秋を迎える頃ですが、ブラジルでは夏の始まりを感じる季節です。高浜虚子の「水打つて風鈴いまだ鳴かぬなり」という歌にあるように、打ち水や風鈴など日本人の夏の暑さを凌ぐ涼やかな知恵を、ここブラジルでも感じたいものです…
  • 和の文様-桜-

    和の文様-桜-

    今回の文様のテーマは「桜」です。日本ではすでに桜の季節は終わっていますが、ここブラジルでは今の時期が見頃です…