~ 一盌からピースフルネスを ~

湯を汲みて茶碗に入るる其時の 柄杓のねぢは肱よりぞする

 この歌は、柄杓で湯を入れるときは、あけるものの器の中央に柄杓の合を置き、柄杓を持っている手は、ひじから動かしましょうという教えです。ひじを固定させたまま、手首をねじって指先だけで湯を入れると、茶碗の外に湯をこぼしてしまうことがあります。要は月形(月の輪)を軸においてひじですーっとあけたら良いのです。ひじから動かすと柄杓の合が安定したまま傾くため、茶碗の外に湯をこぼしにくくなります。

2020年12月

こちらもご覧ください

更新情報