~ 一盌からピースフルネスを ~

ぼた餅

 “暑さ寒さも彼岸まで”という言葉があるように、季節の変わり目を感じるこの頃、「ぼた餅」は春のお彼岸の時期の定番和菓子です。

 「ぼた餅(牡丹餅)」は、もち米、またはもち米とうるち米を混ぜたものを蒸し、米粒が残る程度に軽くついて丸め、餡をまぶしたものです。小豆のこしあんまたはつぶあん、きな粉、ごま、青のり、ずんだ(枝豆)等をまぶしたものがあります。

 同様の和菓子に「おはぎ(御萩)」がありますが、これらの違いには諸説あります。まずは、春のものを牡丹の花に見立てて「ぼた餅」、秋のものを萩の花に見立てて「おはぎ」と呼ぶという説。また、小豆餡を用いたものを「ぼた餅」、きな粉を用いたものを「おはぎ」とする説。こしあんのものを「ぼた餅」、つぶあんのものを「おはぎ」とする説(逆の場合もあり)、等々。地域やお店によっても違いがあるようです。

 「ぼた餅」も「おはぎ」も、それぞれお彼岸のお供え物として用いられますが、この風習は江戸時代頃に定着したと言われています。古くから赤色には魔除けの力があるとされ、小豆はお祝いの席や儀式の際に赤飯や餡子として用いられてきました。お彼岸には、餅に五穀豊穣、小豆に魔除けの意味を込めて「ぼた餅」や「おはぎ」にし、先祖への感謝と家族の健康の願いを込めて墓前や仏壇に供えるようになったようです。

 たっぷりの餡子ともち米の食感がどこか懐かしい「ぼた餅」を頂きながら、ご先祖様へ思いを馳せるのも良いかもしれません。

 

2019年2月

Veja também

  • 花びら餅

    花びら餅

    時節を感じさせるお菓子は色々ありますが、新年を祝う「花びら餅」は正月にだけ出会える吉祥の和菓子として知られています。「菱葩餅(ひしはなびらもち)」とも呼ばれ、蜜漬けごぼう・白味噌餡・赤く染めた菱餅を、丸く伸した白餅または求肥で半月型に包みます…
  • 栗蒸し羊羹

    栗蒸し羊羹

    実りの秋・食欲の秋には、秋の美味しい食材を生かした季節の和菓子も見逃せません。「栗蒸し羊羹」は、新栗が出回る秋から初冬にかけて店先に並びます…
  • 麩饅頭

    麩饅頭

    夏真っ盛りの頃でもさっぱりと頂ける和菓子は色々ありますが、今回はその中のひとつ「麩饅頭」を紹介いたします。生麩の生地で餡を包んだ饅頭で、笹や山帰来(サルトリイバラ)の葉などで包まれ、夏の和菓子屋さんに並びます…
  • 若鮎

    若鮎

    季節限定の定番和菓子は色々ありますが、初夏になると和菓子屋さんに並ぶ「若鮎」はその中でも人気の高いものの一つかと思います。楕円形に焼いた薄いカステラ生地で求肥や餡子を半月形に包み、焼印で目やひれの印をつけて清流に泳ぐ鮎をかたどったもので、鮎焼き・あゆ・焼鮎などとも呼ばれます…
  • 花見団子

    花見団子

    満開の桜の木の下で、花を愛でながら美味しい料理やお酒に舌鼓を打つお花見は、日本の春の風物詩です。お花見のお供として甘味も欠かせませんが、代表的なのはやはり「花見団子」…