~ 一盌からピースフルネスを ~

水羊羹・葛饅頭

 日本では梅雨が明け、いよいよ夏らしくなってくる頃。茶道具や着物も夏仕様になりますが、和菓子も夏らしいものが出てきます。

 その一つが「水羊羹」。羊羹は小豆などの餡を型に流し込み寒天で固めたもので、通常の羊羹よりも寒天が少なく水分の多いものを「水羊羹」と言います。
 口に入れるとすっと溶けるようにのどごし爽やかで、表面はつるりとみずみずしく目にも涼やかです。口どけはなめらか、甘さ控えめで、小豆の風味がふわっと広がります。今では夏の涼菓として親しまれている水羊羹ですが、かつては正月のおせち料理の一つとして冬に作られていたとか。

 くず粉を用いて作った透明の生地で餡を包む「葛饅頭(水仙饅頭)」も夏の和菓子として有名です。
 こちらも、水を思わせる透き通った質感が見た目に涼しく、つるりとした生地となめらかな餡は良い口当たり。中の餡をいろいろな色に染め、葛生地に透ける色を楽しむこともでき、餡を淡い黄緑色や薄紅色に染めたものは「水牡丹」などと呼ばれます。ちなみに葛は冷やすと固くなるため、常温で食べるのが良いとのこと。それ自体の冷たさを味わうというよりも、涼しさを演出する感性が込められています。

 こっくりとした甘さで少し重たい印象のある和菓子ですが、材料や製法はもちろん、口どけや見た目にも工夫を凝らし、夏でも楽しめるものがたくさんあります。あっさりとしてのどごしが良く、その姿や風情からも涼を感じ取れるこれらの和菓子は、蒸し暑い日本の夏にぴったりです。

2017年7月

Veja também

  • ぼた餅

    ぼた餅

    “暑さ寒さも彼岸まで”という言葉があるように、季節の変わり目を感じるこの頃、「ぼた餅」は春のお彼岸の時期の定番和菓子です。「ぼた餅(牡丹餅)」は、もち米、またはもち米とうるち米を混ぜたものを蒸し、米粒が残る程度に軽くついて丸め、餡をまぶしたものです…
  • 花びら餅

    花びら餅

    時節を感じさせるお菓子は色々ありますが、新年を祝う「花びら餅」は正月にだけ出会える吉祥の和菓子として知られています。「菱葩餅(ひしはなびらもち)」とも呼ばれ、蜜漬けごぼう・白味噌餡・赤く染めた菱餅を、丸く伸した白餅または求肥で半月型に包みます…
  • 栗蒸し羊羹

    栗蒸し羊羹

    実りの秋・食欲の秋には、秋の美味しい食材を生かした季節の和菓子も見逃せません。「栗蒸し羊羹」は、新栗が出回る秋から初冬にかけて店先に並びます…
  • 麩饅頭

    麩饅頭

    夏真っ盛りの頃でもさっぱりと頂ける和菓子は色々ありますが、今回はその中のひとつ「麩饅頭」を紹介いたします。生麩の生地で餡を包んだ饅頭で、笹や山帰来(サルトリイバラ)の葉などで包まれ、夏の和菓子屋さんに並びます…
  • 若鮎

    若鮎

    季節限定の定番和菓子は色々ありますが、初夏になると和菓子屋さんに並ぶ「若鮎」はその中でも人気の高いものの一つかと思います。楕円形に焼いた薄いカステラ生地で求肥や餡子を半月形に包み、焼印で目やひれの印をつけて清流に泳ぐ鮎をかたどったもので、鮎焼き・あゆ・焼鮎などとも呼ばれます…