~ 一盌からピースフルネスを ~

クリスマス (ナタール)

クリスマス・クリッペ(プレゼピオ)

クリスマス・クリッペ(プレゼピオ)

 クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う行事です。
 ブラジルは南半球に属する国なので、クリスマス祝日は夏至に行なわれます。
 カトリック教国の、クリスマスの伝統は、クリスマス・キャロル、サンタ・クロース、クリスマス・イブの会食、クリスマス・クリッペ(プレゼピオ)など様々な形でその日を祝います。

 11月30日、待降節(たいこうせつ)の初日には、会社や教会、住宅等にクリスマス・ツリーが飾られ祝祭が始まります。この時季、街中は見事なイルミネーションと飾り付けで彩られます。
 子ども達もツリーの飾り付けを手伝い、そして、サンタクロースに手紙を書いたり、前日にはクッキーとミルクを準備しておく子もいます。

 24日には家族のものや親しい友人たちが、ドライ・フルーツやナッツ、アペリチフを試食しながら過ごします。12時にクリスマス・イブ交歓の会食が始まります。
 テーブルには七面鳥のファロファ詰め丸焼きやパネトーネ、タラのコロッケ、ブラジル風フレンチトースト(ハバナーダ)などの料理。飾り付けはキャンドルやクリスマスをテーマとした物が使用され、ディナーの後にプレゼント交換をします。

 クリスマス・クリッペはイエス・キリストの誕生情景を表現するものです。その背景には動植物と鉱物(ミネラル)の世界、そして人間の世界が一つとなってイエスの誕生を見守る姿があります。聖三博士のカスパール(Casper)を黒人、メルキオール(Melchior)を白人、バルタザール(Balthasar)を中近東人とする肌の色の描き分けによって人類の三つの民族が表現され、ここに全人類の団結の意味があります。

 1月6日「東方の三博士の日」にクリスマス・ツリーやクリッペなどを取り外し、片付け作業でクリスマス祝祭は終ります。

 

イビラプエラ公園(サンパウロ)

2015年11月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています…
  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…