~ 一盌からピースフルネスを ~

復活祭(Páscoa)

 用語“Pascoa”(復活祭)は、ラテン語 Pascae とギリシャ語 Paska から由来しています。もっと奥深く元をたどれば“過越の祭り”を表すヘブライ語のPesach から来ているともいわれます。

 キリスト教の典礼暦の中で最も重要な祝日は復活祭です。この祝日は、年によって日付が変わりますが、基本的に北半球の春分の次の満月のすぐ後の第一日曜日に祝われます。復活祭によってキリスト教会暦の他の移動祝日が決められます。
 聖金曜日やグッド・フライデー(Good Friday)は、イエス・キリストが十字架につけられて死んだ日、復活祭前の金曜日のことです。
 ブラジルでは、キリストの受難と死を記念する聖金曜日も重視され、多くのキリスト教信者は断食し、特に肉は食べません。この日のメインディッシュはタラです。

 復活祭前の週(聖週間)には、受難を思い起こす特別な典礼や演劇などが大都市をはじめ離れた小さな町や村、所々でも行なわれます。ペルナンブコ州ブレジョ・ダ・マドレ・デ・デウス市で行なわれる“A Paixão de Cristo”(キリストの受難)は最も有名です。そこでは、世界でもオープンエアとして最大である劇場十万平方メートルの場所を 9 つの舞台に分け、キリストが十字架に架けられて死ぬ場面から復活までを中心とした出来事を20シーン程度にて演じられます。


201604-pascoa03 201604-pascoa05

 ブラジルでは復活祭に「イスターエッグ」やドライフルーツを使って平和を意味する鳩を象った「イスターコロンバ」というケーキなどを贈る週間があります。
 イスターエッグは前日かごや巣の中に隠されます。イスターデーの日曜日に子ども達が「宝」を見つけ出します。幼い子たちは「イスターうさぎ」がイスターエッグを運んでくると思っています。


Páscoa Páscoa

2016年4月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    ブラジルの植物 5.ブラジルボク Pau-Brasil蘇芳(すおう)の木

    蘇芳の木またはブラジルボクはブラジルを象徴する木でありその材木は高貴であります。先住民の言葉ではイビラピタンガと呼ばれ「赤い木」と言う意味です。蘇芳の木の心材が炎のように赤色していることに由来し、ブラジルという言葉は灼熱を意味するポルトガル語のブラーザという単語に由来しています…
  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…