~ 一盌からピースフルネスを ~

 茶の湯では、湯を沸かす道具のことを釜と言い、茶の湯を代表する道具です。風炉、炉いずれにも用いられ、大別して小ぶりのものは風炉用に、大ぶりのものは炉用に用いられます。

 釜は、茶の湯の象徴であり、茶席全体の品位や亭主の茶道心をも示す要具であります。

 釜の材料は鉄の鋳物いものです。蓋はつまみがついており、唐銅蓋からかねふたが一般的ですが、釜と同じ鉄製の共蓋もあります。

 現在茶席で主に使われる釜を作風から分別すると、芦屋、天明てんみょう、京作、関東作の四つに分けられます。芦屋釜は現在の福岡県芦屋町で作られたもの、天明釜は現在の栃木県佐野市で作られたものです。京作釜は京都で作られたもの、関東釜は江戸を中心に作られたものです。

 形状から分別すると真形しんなり、丸、筒、四方よほうなどを始め、阿弥陀堂釜、蒲団釜など多種多様です。またその口造りによっても、つる首、うば口、こしき口などいろいろあります。

 このように釜の種類と名称は何百種にも上ります。

 

2019年10月

こちらもご覧ください

  • 炭-1

    炭というと、一般的には木炭(黒炭、白炭、おが炭、粉炭)と竹炭があげられます。黒炭は、主に燃料として使われます。白炭は、備長炭が有名で、魚を焼くなど料理用に使われます。竹炭は、脱臭効果があります。最近では、野菜や葉、花など植物系のものを炭化して作る“花炭”と呼ばれるものもあります…
  • 水屋道具-3

    水屋道具-3

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 水やお湯に関するもの(下図の番号参照) ㉒搔器(かいげ)は、かいげんともいう。広く浅い杉の曲の合に柄のついた柄杓で、㉚水屋瓶(みずやがめ)から水を汲むのに使います。水屋柄杓ともいいます…
  • 水屋道具-2

    水屋道具-2

    水屋にそろえておくと便利な水屋道具 ― 茶に関するもの茶掃箱(ちゃはきばこ)は、上下二段になった桐の箱で、お茶を茶器に入れるための用具が納められています…
  • 水屋道具-1

    水屋道具-1

    茶席の中で使う道具を茶道具としたら、下準備や後片付けに必要な道具を称して水屋道具といいます。例えば(下図の番号参照)、⑪炭斗、火箸、釻などは席中で使う茶道具です。風炉や炉の下火を準備したり、釜をかけたりする下準備には、④箱炭斗、火箸、釻などを使います…
  • 水屋荘り

    水屋荘り

    水屋の棚に、必要な茶道具を使いやすいように整頓して置くことを水屋荘りといいます。今日では、一定の決まりができ、①水に関するものは下に ②火に関するものは上に ③大きいもの、席中で使わないもの、使用頻度の低いものは上に、というように分けて置きます…