~ 一盌からピースフルネスを ~

 茶の湯では、湯を沸かす道具のことを釜と言い、茶の湯を代表する道具です。風炉、炉いずれにも用いられ、大別して小ぶりのものは風炉用に、大ぶりのものは炉用に用いられます。

 釜は、茶の湯の象徴であり、茶席全体の品位や亭主の茶道心をも示す要具であります。

 釜の材料は鉄の鋳物いものです。蓋はつまみがついており、唐銅蓋からかねふたが一般的ですが、釜と同じ鉄製の共蓋もあります。

 現在茶席で主に使われる釜を作風から分別すると、芦屋、天明てんみょう、京作、関東作の四つに分けられます。芦屋釜は現在の福岡県芦屋町で作られたもの、天明釜は現在の栃木県佐野市で作られたものです。京作釜は京都で作られたもの、関東釜は江戸を中心に作られたものです。

 形状から分別すると真形しんなり、丸、筒、四方よほうなどを始め、阿弥陀堂釜、蒲団釜など多種多様です。またその口造りによっても、つる首、うば口、こしき口などいろいろあります。

 このように釜の種類と名称は何百種にも上ります。

 

2019年10月

Veja também

  • 水屋荘り

    水屋荘り

    水屋の棚に、必要な茶道具を使いやすいように整頓して置くことを水屋荘りといいます。今日では、一定の決まりができ、①水に関するものは下に ②火に関するものは上に ③大きいもの、席中で使わないもの、使用頻度の低いものは上に、というように分けて置きます…
  • 水屋

    水屋

    水屋とは、水谷とも書き、茶室に付属している一般家庭の台所にあたるものです。点前に必要な道具を並べて置き、点前の準備や後始末をする場所です…
  • 瓶掛と鉄瓶

    瓶掛と鉄瓶

    瓶掛は、鉄瓶をかける火鉢、または風炉を小さくした形のものをいいます。陶製、鉄製、唐銅製などがあります…
  • 風炉と敷板

    風炉と敷板

    風炉は夏から秋にかけて炭火を入れ、釜を掛けて湯をわかす道具です。直接畳には置かないで、敷板にのせて用います。これを風炉をすえるといいます。初めは、台子皆具の内のーつとして…
  • 菓子器 – 干菓子盆

    菓子器 – 干菓子盆

    薄茶のための干菓子(惣菓子とも取り菓子ともいう)を盛る器を干菓子器といいます。ここでは、干菓子器の内の干菓子盆について紹介します…