~ 一盌からピースフルネスを ~

古帛紗と裂地-緞子②-

前回に続き、ここでは緞子織りの著名な裂地についてご紹介します。

 

珠光緞子

わび茶の祖といわれる村田珠光(1423-1502)が愛用したことが名前の由来とされる。珠光が室町幕府第八代将軍・足利義政の茶の師であった頃、義政から拝領した胴服の裂地がこれであったと伝えられている。大名物「松屋肩衝茶入」の仕覆が本歌として認められている。

柄は小牡丹唐草と三ッ爪龍文、火焰文が織り出されている。

 

利休緞子

千利休(1522-1591)が愛用した黒棗の仕覆として伝えられている。緑色の地に、黄茶色で五つの点を打ち梅花文をあらわした、いわゆる利休梅鉢文が織り出されている。利休梅の由来がこの利休緞子とも言われている。

 

本能寺緞子

京都本能寺の伝来が名称の由来とされる。柄は濃紺色の地に縹色(はなだいろ)で、二重の青海波を地文として唐草と宝尽くし文を散らしたもの。日本では青海波文は海が豊穣をもたらすとの信仰により古くから用いられ、また宝尽くし文は福を招来するといわれるため大変縁起の良い文様である。大名物「油屋肩衝茶入」「種村肩衝茶入」の仕覆として用いられた。同様の文様で色違いの裂地に三雲屋緞子があるが、後年模されたものの一種とされる。

 

織部緞子

茶湯名人・古田織部(1544-1615。千利休の門下生の中でも茶の湯上手の七人をさす「利休七哲」の一人とされる。)の愛用の裂地と伝えられている。流水の地文に梅鉢文を散らしたもの、二重の青海波に梅鉢文を散らしたものがある。

2017年5月

Veja também

  • 古帛紗と裂地-モール-

    古帛紗と裂地-モール-

    今回ご紹介する織物の種類はモールです。絹糸を芯として、そこに金や銀の薄板を細く切って巻き付けたものをそれぞれ金モール糸、銀モール糸と呼び、それらを用いた織物を金モール、銀モールと言います…
  • 古帛紗と裂地-紹巴(しょうは)-

    古帛紗と裂地-紹巴(しょうは)-

    今回は紹巴(しょうは)という種類の織物をご紹介します。紹巴織は紋織物の一種です。この織物の特徴は、経糸・緯糸ともに強い撚りのかかった糸を使用しており、また基本となる織り組織が細かな横の杉綾状(現代では英語のヘリンボーンの方が、馴染みがあるかもしれません)、もしくは山形状をしていることです…
  • 古帛紗と裂地-錦②-

    古帛紗と裂地-錦②-

    錦の裂地の第二回目です。今回は三つの裂地をご紹介します…
  • 古帛紗と裂地-錦①-

    古帛紗と裂地-錦①-

    二色以上の色糸を使って文様を織り出した織物を「錦」と呼び、経糸(たていと)で文様と地を織り出す経錦(たてにしき)と、緯糸(ぬきいと)で文様と地を織り出す緯錦(ぬきにしき)とがあります。経糸、もしくは緯糸で文様を織り出すため柄の自由度が高く、色数が多ければ華やかさが増す織物です…
  • 古帛紗と裂地-間道②-

    古帛紗と裂地-間道②-

    利休間道白色と紺色で細かな千鳥格子柄を織り出しており、経糸・緯糸共に木綿糸を用いています。よく似た柄の裂地に紹鴎間道がありますが、こちらは絹糸を用いています…