~ 一盌からピースフルネスを ~

古帛紗と裂地-間道①-

 間道(かんどう、かんとう)と聞いてもすぐには文様のイメージが中々湧きませんが、これは端的に言えば縞模様(縦縞、横縞、格子縞があります)の裂地です。間道がなぜ縞模様のことを指すのか、その由来は定かではありませんが、一説には名物裂となった縞織物が、中国の広東地方を中心に織られていたためと言われています。漢字の書き方には間道の他、広東・漢東・漢島・漢渡などの字が当てられています。

 また千利休は唐物茶入の仕服に間道を用いていたと伝えられています。これまで紹介してきた緞子や金襴のような豪華さは控えめな分、渋味や目を引く派手さがあり、ときに遊び心を感じられる裂地です。

 

吉野間道

江戸時代の京都の豪商、灰屋紹益が寛永の三大名妓と言われた吉野太夫に送った裂地が由来とされています。濃緑色の地に、白または赤茶の太縞、その両端に同じく白または赤茶の細縞を囲っていて、浮織縞を横に打ち込んであります。

 

望月間道

望月間道には縞柄が異なる数種類の裂があります。由来ははっきりとしておらず、織部流の茶人・望月宗竹愛用の裂とも、望月茶壷に用いられたとも言われています。無地、小格子、細い縦縞、横縞が組み合わさっていることにより、シンプルな中にも色彩の派手さや柄の深みを感じられます。

 

青木間道

この裂地には類似のものが多く、高木間道・伊藤間道・弥兵衛間道との判別が難しいが、青木間道は茶、黄、紺、白の縦縞が均等に入っています。名称の由来は、豊臣秀吉の家臣・青木法印重直所持のものとも、同じく家臣・青木紀伊守一矩のものとも伝えられています。

2018年2月

Veja também

  • 古帛紗と裂地-モール-

    古帛紗と裂地-モール-

    今回ご紹介する織物の種類はモールです。絹糸を芯として、そこに金や銀の薄板を細く切って巻き付けたものをそれぞれ金モール糸、銀モール糸と呼び、それらを用いた織物を金モール、銀モールと言います…
  • 古帛紗と裂地-紹巴(しょうは)-

    古帛紗と裂地-紹巴(しょうは)-

    今回は紹巴(しょうは)という種類の織物をご紹介します。紹巴織は紋織物の一種です。この織物の特徴は、経糸・緯糸ともに強い撚りのかかった糸を使用しており、また基本となる織り組織が細かな横の杉綾状(現代では英語のヘリンボーンの方が、馴染みがあるかもしれません)、もしくは山形状をしていることです…
  • 古帛紗と裂地-錦②-

    古帛紗と裂地-錦②-

    錦の裂地の第二回目です。今回は三つの裂地をご紹介します…
  • 古帛紗と裂地-錦①-

    古帛紗と裂地-錦①-

    二色以上の色糸を使って文様を織り出した織物を「錦」と呼び、経糸(たていと)で文様と地を織り出す経錦(たてにしき)と、緯糸(ぬきいと)で文様と地を織り出す緯錦(ぬきにしき)とがあります。経糸、もしくは緯糸で文様を織り出すため柄の自由度が高く、色数が多ければ華やかさが増す織物です…
  • 古帛紗と裂地-間道②-

    古帛紗と裂地-間道②-

    利休間道白色と紺色で細かな千鳥格子柄を織り出しており、経糸・緯糸共に木綿糸を用いています。よく似た柄の裂地に紹鴎間道がありますが、こちらは絹糸を用いています…