~ 一盌からピースフルネスを ~

利休道歌

千利休が和歌の形を借りて、茶道の精神、点前作法の心得などを初心の人にもわかりやすく記憶しやすいように三十一文字にまとめたもの。

水と湯と茶巾茶筅に箸楊枝 柄杓と心あたらしきよし

2017年3月

「水」は水屋壺の水、水指の水、釜の水。「湯」は釜の湯。「茶巾」は茶碗を拭くもの。「箸」は懐石箸、菜箸、塵穴(ちりあな)の箸など。「楊枝」は杉楊枝、黒文字など。「柄杓」は釜用、つくばい用、水壺用など。これらは茶会のたびに、新しいものを用います…

続きを読む

乾きたる茶巾使わば湯はすこし こぼし残してあしらうぞよき

2016年10月

 茶巾は本来、茶巾盥の中でよく絞った後、畳んで茶碗に仕組みます。茶巾には絞り加減がありますが、自分で度々経験してみて、このくらいの絞り加減が一番ふきやすいということを、よく覚えておけば良いでしょう。ただ、自分で仕組まないときには、その加減どおりにいかないこともあります…

続きを読む

更新情報