~ 一盌からピースフルネスを ~

旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

旧ヨーロッパの魅力

 ヨーロッパを訪れることは、西洋の最も象徴的な過去に戻る機会を示しています。それは新しいものと古いものに同時に触れることのできる機会でもあります。世界の多くの地域と同様に、時の流れに残された足跡は物語を語り、多くの秘密を守っています:例えば戦争で、どのようにそれぞれの国民が世代から世代へと再構築を果たしたかを彼らの人生の本に書き記し、現代の私たちが最善の方法で役目を果たすための解決と過ちの遺産を残しています。

 間違いなく、イタリアは私たちが話している「旧ヨーロッパ」のもっとも代表的な国の一つです。それは文化と多様な伝統へと導く本と言えるでしょう。その信仰の巡礼に加えて、西洋とキリスト教世界全体にとって非常に重要な場所が無数にあります。

 

 

中東の美しさ

 東洋の美的標準は完全に他と別のものです。そして偶然ではなく、それは西洋人に比類のない魅力を発揮します。これは私たちが中東の文化に没頭するときに経験すること、そして特に私たちが聖地と呼ぶものです。聖地はヨルダン川から地中海まで広がり、そこには、世界三大一神教の重要な歴史を持つ場所が数多くあります。

 何世紀にもわたって聖地で経験されてきたあらゆる葛藤にもかかわらず、そこは又希望の場所でもあります:人々の多様性とユニークな美しさの文化的表現のために。その歴史と知恵は数千年にわたって蓄積されてきました。

 美しさは、世界のさまざまな地域でさまざまな方法で表現されています。しかし、それが開かれた全ての心、自分達のいるその場所にいることや、一瞬一瞬に感謝の気持ちをもって生きることで感じられる、と分かるのは素晴らしいことです!

 

 

アントニオ・ファビアノ・ダ・シルヴァ・サントス

2019年8月

Veja também

  • アラブ人の「おもてなし」と茶道

    アラブ人の「おもてなし」と茶道

    此度、ブラジルのリオデジャネイロに夫の赴任と共に越してまいりました。以前の転勤先では、ドバイ裏千家茶道同好会に属しており、アブダビの緑水庵で稽古をしておりました。その時の思い出を記したいと思います…
  • 日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    ブラジル駐在中の旅行先を思い返して特に印象的だったのは、北アフリカに位置するモロッコ。日本からは少々遠くて行きづらいけれど、サンパウロからは直行便があるということで選んだ旅行先でした…
  • 日本便りー根津美術館を訪ねてー

    日本便りー根津美術館を訪ねてー

    私の自宅からほど近い東京都心の青山にありますこの私設美術館は毎年今の時期に国宝である尾形光琳の燕子花図屏風が公開され、庭園内には美しい燕子花が見事に咲いております…
  • 日本便りー日本の運動会に参加してー

    日本便りー日本の運動会に参加してー

    夏の暑い日差し、蒸し暑さは去り、心地よい風、木々が紅葉を始めるこの季節、日本では運動会シーズンとなっています。今年の日本は毎週末雨に見舞われる非常に残念なお天気で、練習してきた演目を全て披露できずに終わった学校、園も多かったでしょう。今回は、日本の運動会の歴史をご紹介します…
  • アブダビ便り

    アブダビ便り

    2011年に日本を離れ、中東のアラブ首長国連邦(UAE)の裏千家アブダビ茶道教室で茶道を学んだ後、裏千家ブラジルでお世話になり、今年3月に6年ぶりに日本に戻ってまいりました…