~ 一盌からピースフルネスを ~

日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

 ブラジル駐在中の旅行先を思い返して特に印象的だったのは、北アフリカに位置するモロッコ。日本からは少々遠くて行きづらいけれど、サンパウロからは直行便があるということで選んだ旅行先でした。モロッコでは温かいミントティーがポピュラーで、人をもてなすときや食後の口直しなど日頃から愛飲されています。ブラジルでいうところのエスプレッソコーヒーのような位置づけでしょうか。お茶の苦味、ミントの清涼感、砂糖の甘みが絶妙で、モロッコ旅行中はそればかり飲んでいました。

 淹れ方は地域や家庭によって様々のようですが、一般的には煮出した中国緑茶にたくさんのフレッシュミントを入れ、砂糖をたっぷり加えて頂きます。モロッコのレストランやカフェでミントティーを注文すると、一人に一つ小さいポットで供され、モロッカングラスと呼ばれる小さなグラスに注いで頂きます。

 ポットには基本的にグラス3杯分のお茶(フレッシュミントの葉っぱ入り)が入っています。まずグラスに大きな角砂糖を入れ、そこにポットからお茶を注ぎ、そのグラスの中のお茶と溶けかけの砂糖を一旦ポットに全て戻します。改めてグラスにお茶を注ぐと、角砂糖がしっかりと溶け甘さが均一になるのです。お茶は高い位置から勢いよくグラスに注ぐことで、ミントの香りをより立たせることができるそうです。

 お店によっては、大きいやかんで煮出されたたっぷりのお茶に既に砂糖が入れられている場合もありますが、砂糖抜きのものを注文して甘くないまま頂いたり、砂糖を好みの量だけ入れて甘さを調節したりすることもできます。

 モロッコの人々はお茶の蒸らし時間による味わいの変化を楽しむそうで、これに関して「一杯目は人生のように苦く、二杯目は愛のように強く、三杯目は死のように穏やか」という格言もあるとか。

 お茶がしっかりと煮出されているので、砂糖なしで頂くと苦味は結構強いですが、温かい緑茶を飲む習慣のある日本人には親しみやすいかと思います。一方で、砂糖たっぷりの甘~いミントティーも旅の疲れをよく癒してくれました。

 ポットはシルバー製が多く、表面に装飾が施されたものも。銀と錫を混ぜて黒ずまない工夫がされているものや、銅製で直火にかけられるものもあります。お茶を供するときに使うお盆もシルバー製が一般的で、職人による手打ち装飾のものはとても美しく、やはり高価でした。グラスはぐい飲みくらいの大きさで、透明で分厚いガラス製。スーク(市場)の土産物屋でも、綺麗な色や絵や銀の装飾付きなど色々なものが売られており目移りしてしまいます。

 日本から遠く離れたモロッコの地での緑茶文化がとても興味深かったのと同時に、なにより飲みやすくて美味しくて、ポットやグラスといった茶器もかわいらしく心惹かれました。いつもと違った緑茶の楽しみ方の一つとして、機会があれば皆さまも是非お試しください。

山崎裕子

2019年6月

こちらもご覧ください

  • 日本便りー根津美術館を訪ねてー

    日本便りー根津美術館を訪ねてー

    私の自宅からほど近い東京都心の青山にありますこの私設美術館は毎年今の時期に国宝である尾形光琳の燕子花図屏風が公開され、庭園内には美しい燕子花が見事に咲いております…
  • 日本便りー日本の運動会に参加してー

    日本便りー日本の運動会に参加してー

    夏の暑い日差し、蒸し暑さは去り、心地よい風、木々が紅葉を始めるこの季節、日本では運動会シーズンとなっています。今年の日本は毎週末雨に見舞われる非常に残念なお天気で、練習してきた演目を全て披露できずに終わった学校、園も多かったでしょう。今回は、日本の運動会の歴史をご紹介します…
  • アブダビ便り

    アブダビ便り

    2011年に日本を離れ、中東のアラブ首長国連邦(UAE)の裏千家アブダビ茶道教室で茶道を学んだ後、裏千家ブラジルでお世話になり、今年3月に6年ぶりに日本に戻ってまいりました…
  • 日本便り –「禅-心をかたちに」展覧会に寄せて

    日本便り –「禅-心をかたちに」展覧会に寄せて

    みなさま、ご機嫌よろしゅうございます。日本へ本帰国して早一年が過ぎました。相変わらず慌しい生活をしておりますが、今回は帰国便りとして、京都と東京で行われた禅の展覧会のことについてご報告いたします…
  • 日本便り - 京都に住み、京都に学ぶ

    日本便り – 京都に住み、京都に学ぶ

     桜の花が五分咲きになり始めた3月末、茶道裏千家ブラジル出張所駐在代表の林宗一先生並びに「2016年利休忌訪日団」団長武田アウグスタ清美(宗清)先生はじめ、多くの皆様が遠路はるばる京都にお越しくださいました事、誠にお疲れ様でございました…