~ 一盌からピースフルネスを ~

日本便りー根津美術館を訪ねてー

「燕子花に魅せられて」

 私の自宅からほど近い東京都心の青山にありますこの私設美術館は毎年今の時期に国宝である尾形光琳の燕子花図屏風が公開され、庭園内には美しい燕子花が見事に咲いております。

燕子花屏風図                         燕子花

 都心にあるのにかかわらず大変静かな佇まいを残した日本庭園で自然の傾斜を生かし水が流れ庭内には名だたる茶室が四棟あります。
 優しい陽の光を受けた青々とした楓の数々、池に渡された橋、川縁の屋形船、中でも展示中の光琳の作品と重なる燕子花の群は日本情緒溢れる美しい風景の一つではないでしょうか。
 燕子花の名前の由来は昔、花を使い布を染めるのにカキツバタは良い色が出ることで『書き付け花』と呼ばれたのが訛ったとされています。また、花の形が幸せを運んでくれるツバメの様子に似ていることから『燕子花』と書かれたものと言われております。

庭園の様子

 燕子花について詠まれている和歌があります。
 『住吉の浅沢小野の かきつはた 衣に摺りつけ着む日知らずも』
 恋い焦がれながら、なかなか訪れない好きな人を待つ女性の気持ちを燕子花に思いを馳せている歌です。時代を超越し詠み人の思いがしみじみと感じられます。
 訪れる度に心穏やかにしてくれる美術館。中でも今の季節を心待ちにお庭を散策しのんびりと美術鑑賞が出来るのは何よりの楽しみの一つです。

2018年6月 金子慶子

 

◯根津美術館
実業家、初代根津嘉一郎氏(1860-1940)が日本の、東洋の美術品をコレクションし展示するために作られた美術館。現在の本館は建築家 隈研吾氏の設計で2009年に建てられました。

根津美術館

◯披錦斎
お茶席が設けられており気軽にお菓子とお薄を一服できます。

茶室「披錦斎」                                   茶室からの眺め

〇主菓子
顔佳草(かおよぐさ)[燕子花の別名]

主菓子「顔佳草(かおよぐさ)」

2018年6月

Veja também

  • アラブ人の「おもてなし」と茶道

    アラブ人の「おもてなし」と茶道

    此度、ブラジルのリオデジャネイロに夫の赴任と共に越してまいりました。以前の転勤先では、ドバイ裏千家茶道同好会に属しており、アブダビの緑水庵で稽古をしておりました。その時の思い出を記したいと思います…
  • 旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    ヨーロッパを訪れることは、西洋の最も象徴的な過去に戻る機会を示しています。それは新しいものと古いものに同時に触れることのできる機会でもあります。世界の多くの地域と同様に、時の流れに残された足跡は物語を語り、多くの秘密を守っています…
  • 日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    ブラジル駐在中の旅行先を思い返して特に印象的だったのは、北アフリカに位置するモロッコ。日本からは少々遠くて行きづらいけれど、サンパウロからは直行便があるということで選んだ旅行先でした…
  • 日本便りー日本の運動会に参加してー

    日本便りー日本の運動会に参加してー

    夏の暑い日差し、蒸し暑さは去り、心地よい風、木々が紅葉を始めるこの季節、日本では運動会シーズンとなっています。今年の日本は毎週末雨に見舞われる非常に残念なお天気で、練習してきた演目を全て披露できずに終わった学校、園も多かったでしょう。今回は、日本の運動会の歴史をご紹介します…
  • アブダビ便り

    アブダビ便り

    2011年に日本を離れ、中東のアラブ首長国連邦(UAE)の裏千家アブダビ茶道教室で茶道を学んだ後、裏千家ブラジルでお世話になり、今年3月に6年ぶりに日本に戻ってまいりました…