~ 一盌からピースフルネスを ~

日本便り –「禅-心をかたちに」展覧会に寄せて

 みなさま、ご機嫌よろしゅうございます。日本へ本帰国して早一年が過ぎました。相変わらず慌しい生活をしておりますが、今回は帰国便りとして、京都と東京で行われた禅の展覧会のことについてご報告いたします。

 海外で生活していたとき、日本文化について聞かれることが多々あり、その中で一番困ったのが禅に関する質問でした。禅は”Zen”として海外でも広く知られており、茶道は知らなくても禅については少し見聞があるという外国人も少なくありません。実際にAmazonUSAで”Zen”を検索すると約36000冊がヒットするという結果になり、改めて関心の高さが伺われます。 

 なお、会場内は撮影禁止のため、作品等に関する画像はすべて「禅-心をかたちに- The Art of ZEN from Mind to Form」(以下、禅展 図録)から掲載しております。

 

1.はじめに

達磨像 白隠慧鶴筆  大分・萬壽
(禅展図録 P180より)

 菩提達磨(ぼだいだるま)は、禅宗の祖です。禅の教えは釈迦(しゃか)に始まりますが、禅宗は中国と日本において展開した仏教の宗派です。達磨は六世紀の初め頃にインドに渡来し、その教えは慧可(えか)を経て、慧能(えのう)へと伝えられました。

 達磨によってインドから中国へ伝えられたとする禅宗は、唐時代の中国において臨済義元(りんざいぎげん)禅師によって広がり、日本には鎌倉時代にもたらされました。禅は武家のみならず、天皇や公家にまで支持され、日本の社会と文化に大きな影響を与えました。江戸時代に入ると、白隠慧鶴(はくいんえかく)禅師を初めとする高僧らにより、民衆化への普及が進み、現代においても禅は多くの人々の心の支えとなっています。

 

2.禅展覧会について

 禅の展覧会は、禅-心をかたちに-というタイトルの下、臨済禅師1150年、白隠禅師250年遠諱(おんき)を記念したものです。各本山や末寺、塔頭(たっちゅう)に伝わる高僧の肖像や墨跡(ぼくせき)、仏像、絵画、工芸など、国宝24件、重要文化財134件を含む約300件の名宝を通じて、禅を紹介するものでした。

 昨年の春は京都国立博物館で、秋は東京国立博物館で開催。両会場とも足を運びましたが、基本的な禅の歴史を展示物を交えながら紹介していく構成は変わりませんでした。また、他に講演会やトークイベント「雪舟 vs 白隠 達磨図に迫る」、尺八コンサート「吹禅のひびき」等があり、少しでも多くの人に禅について見聞を深めるイベント(多くは予約制)がたくさんありました。

Paragaio

茶の湯の観点で見てみると、京都会場は、禅院の茶ということで、唐物を中心に、東京会場は少し時代が進んで、禅の影響を受けた武人の茶道具が中心に展示されていました。

 

 唐物天目の多くは、鎌倉時代から室町時代に中国より請来し、四頭茶礼をはじめとした禅宗寺院での礼儀で用いられ、その後、写真の玳玻天目は、江戸初期の茶人である金森宗和が所有した後、加賀前田家に伝わったそうです。

 唐物以降の茶の湯の過渡期に関わった人物として、織田有楽があげられます。有楽は、織田信長の弟であり、現在国宝になっている茶室「如庵」を作り、有楽流を創始しました。青磁輪花茶碗「鎹」は、有楽が所持していた茶碗だそうです。

 茶入はもともとは油や薬などを入れていた雑器でしたが、日本人が転用したと言われています。今回出品された物の中に、天下の三肩衝の一つ「新田」があります。村田珠光、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が所持した大名物です。また、有楽所持と伝わる文琳茶入「玉垣」も展示されていました。写真では実感していただくのは難しいのですが、「玉垣」は少し小さめで、他に小丸壺もありました。利休の弟子が記した「山上宗二記」には「小壺がいい」とあるように、時代が進むにつれて、比較的小さい茶入が好まれるようになった流れがあるようです。 

唐物肩衝茶入 銘「新田肩衝」
茨城・徳川ミュージアム
(禅展図録P251 より)
唐物文琳茶入 銘「玉垣文琳」
埼玉・遠山記念館
(禅展図録P253より)

唐物小丸壺茶入
京都・慈照寺
(禅 展図録P250より)

「新田」も「玉垣」も、大阪の陣で焼失したのですが、奇跡的に発見された破片を漆で継いだんですって!

 

3.おわりに

今回の禅展が、禅について学ぶきっかけとはなったものの、まだまだ理解するには恐れ多いレ ベルです。もちろん、これさえ見れば完全理解のようなものはなく、禅も茶道も時間をかけて、身の 丈にあった学び方を続けられたらと思います。

 

松下初絵

 


(編集部より)
ご参考:「禅-心をかたちに-」展覧会ウェブサイト
http://zen.exhn.jp
http://zen.exhn.jp/en/exhibition/

2017年5月

Veja também

  • アラブ人の「おもてなし」と茶道

    アラブ人の「おもてなし」と茶道

    此度、ブラジルのリオデジャネイロに夫の赴任と共に越してまいりました。以前の転勤先では、ドバイ裏千家茶道同好会に属しており、アブダビの緑水庵で稽古をしておりました。その時の思い出を記したいと思います…
  • 旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    旅行記: 旧ヨーロッパの魅力・中東の美しさ

    ヨーロッパを訪れることは、西洋の最も象徴的な過去に戻る機会を示しています。それは新しいものと古いものに同時に触れることのできる機会でもあります。世界の多くの地域と同様に、時の流れに残された足跡は物語を語り、多くの秘密を守っています…
  • 日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    日本便りーモロッコ旅行を振り返ってー

    ブラジル駐在中の旅行先を思い返して特に印象的だったのは、北アフリカに位置するモロッコ。日本からは少々遠くて行きづらいけれど、サンパウロからは直行便があるということで選んだ旅行先でした…
  • 日本便りー根津美術館を訪ねてー

    日本便りー根津美術館を訪ねてー

    私の自宅からほど近い東京都心の青山にありますこの私設美術館は毎年今の時期に国宝である尾形光琳の燕子花図屏風が公開され、庭園内には美しい燕子花が見事に咲いております…
  • 日本便りー日本の運動会に参加してー

    日本便りー日本の運動会に参加してー

    夏の暑い日差し、蒸し暑さは去り、心地よい風、木々が紅葉を始めるこの季節、日本では運動会シーズンとなっています。今年の日本は毎週末雨に見舞われる非常に残念なお天気で、練習してきた演目を全て披露できずに終わった学校、園も多かったでしょう。今回は、日本の運動会の歴史をご紹介します…