~ 一盌からピースフルネスを ~

4. 十六夜

 十六夜は、いざよい、じゅうろくやと読みます。新月から数えて、16日の夜の月です。毎月、新月を一日ついたちとして、15日がほぼ満月。

 この満月にあたる15日の夜は、十五夜といい、翌日が十六夜です。

 この十五夜、十六夜は、秋の季語です。

 月は、大体一カ月周期で、新月から始まり、15日目の満月、そこから又欠けていき15日で、もとの新月に戻ります。新月は、「朔」さく、ついたちともいい、月、太陽が一直線になるので、光が届かず真っ暗です。この新月から月の満ち、欠けが始まります。

 十六夜をいざよいというのは、ためらいながら出てくる様子を、表現しています。十六夜自体は、一年に12回ありますが、2019年は、中秋の名月の次の日の9月14日を特に十六夜といいます。

 太陰暦のカレンダーが一時ブームになりましたが、女性の間では、特に人間のバイオリズムが、月の満ち欠けと関係していると言われます。

 陰暦の8月15日が、中秋の名月と言われますが、何故旧暦の8月15日のみに月見をするかといいますと、旧暦の秋である、7、8、9月の中で、特にその中間にあたる8月15日が、月が一番美しく見えるようです。

 月の呼び名には、新月から始まり、満月までには、3日目の三日月、7~8日目の上弦の月、13日目の十三夜、とあり15日目が十五夜〔満月〕です。そして16日目が十六夜となります。

 この中秋の名月には、月に秋の収穫物を供えて、五穀豊穣を祝い実りに感謝する〈十五夜祭り〉として発達してきました。

 満月には月見団子や、里芋、茄子などの野菜、秋の七草を供えますが、和菓子の「最中」もなかは、もともとこの満月になぞらえた菓子といわれています。「名月、萩の月、月の雫、夜半の月、望月、嵯峨の月」などはお菓子につけられた名前です。

 月と共に過ごした時代において、薄月うすづき、朧月おぼろづき、寒月かんげつ、海月かいげつ、限り月かぎりづき等、色々な呼び名あり、現代の人々も、夜の月をみあげてそのしじまに思いを馳せてはいかがでしょう。

 「月々に月みる月はつきねども 月みる月はこの月の月」

2019年8月

こちらもご覧ください

  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…
  • 11. 雪月花

    11. 雪月花

    雪月花(せつげっか)は、四季折々の自然の風物の中で、雅趣のあるものとされるものの総称です。日本の芸術・美術の特質の一つとしてもとらえられており、詩歌やその他芸能にも表現されています。この雪月花(ゆき、つき、はなともいう)は、この順序で用いられることが、伝統的です。この伝統的な日本の美の感覚は、連想される語として様々な場所に用いられます…
  • 10. 紅葉

    10. 紅葉

    今回は、日本の秋に、紅葉こうようするもみじについて紹介します。 日本の北海道では、9月中旬から10月下旬に、又南の九州では、10月下旬から12月上旬にかけて、もみじは紅葉します…
  • 9. 桜

    9. 桜

    日本の桜の開花の季節は、三月、四月。アメリカのワシントンDCは、五月。ブラジルは、七月、八月。地域や、緯度によって異なるが、日本人ほど、桜の花を愛する民族はいない。それが民族の個性なのだろうか…
  • 8. 雨水

    8. 雨水

    雨水(うすい)とは、空から降るものが、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころをいう。水がぬるみ、草木が芽生える頃で、昔から農耕の目安とされてきた…