~ 一盌からピースフルネスを ~

4. 十六夜

 十六夜は、いざよい、じゅうろくやと読みます。新月から数えて、16日の夜の月です。毎月、新月を一日ついたちとして、15日がほぼ満月。

 この満月にあたる15日の夜は、十五夜といい、翌日が十六夜です。

 この十五夜、十六夜は、秋の季語です。

 月は、大体一カ月周期で、新月から始まり、15日目の満月、そこから又欠けていき15日で、もとの新月に戻ります。新月は、「朔」さく、ついたちともいい、月、太陽が一直線になるので、光が届かず真っ暗です。この新月から月の満ち、欠けが始まります。

 十六夜をいざよいというのは、ためらいながら出てくる様子を、表現しています。十六夜自体は、一年に12回ありますが、2019年は、中秋の名月の次の日の9月14日を特に十六夜といいます。

 太陰暦のカレンダーが一時ブームになりましたが、女性の間では、特に人間のバイオリズムが、月の満ち欠けと関係していると言われます。

 陰暦の8月15日が、中秋の名月と言われますが、何故旧暦の8月15日のみに月見をするかといいますと、旧暦の秋である、7、8、9月の中で、特にその中間にあたる8月15日が、月が一番美しく見えるようです。

 月の呼び名には、新月から始まり、満月までには、3日目の三日月、7~8日目の上弦の月、13日目の十三夜、とあり15日目が十五夜〔満月〕です。そして16日目が十六夜となります。

 この中秋の名月には、月に秋の収穫物を供えて、五穀豊穣を祝い実りに感謝する〈十五夜祭り〉として発達してきました。

 満月には月見団子や、里芋、茄子などの野菜、秋の七草を供えますが、和菓子の「最中」もなかは、もともとこの満月になぞらえた菓子といわれています。「名月、萩の月、月の雫、夜半の月、望月、嵯峨の月」などはお菓子につけられた名前です。

 月と共に過ごした時代において、薄月うすづき、朧月おぼろづき、寒月かんげつ、海月かいげつ、限り月かぎりづき等、色々な呼び名あり、現代の人々も、夜の月をみあげてそのしじまに思いを馳せてはいかがでしょう。

 「月々に月みる月はつきねども 月みる月はこの月の月」

2019年8月

Veja também

  • 8. 雨水

    8. 雨水

    雨水(うすい)とは、空から降るものが、雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころをいう。水がぬるみ、草木が芽生える頃で、昔から農耕の目安とされてきた…
  • 7. 梅に鶯

    7. 梅に鶯

    “梅に鶯”とは、日本の詩歌や絵画における伝統的な、絵になるような良い二つの取り合わせ、又は仲の良い間柄のたとえで、古代中国の漢詩に由来します。二つのものが調和しているさまを言います…
  • 6. 枯れ

    6. 枯れ

    枯れとは、①草木が枯れること、又枯れはてたさま。末うら枯れ、夏枯れ、冬枯れ、霜枯れ等。②そのものがなくなってしまうこと、又は尽きはてたさま。品枯れ、資金枯れ等。上記の意味合いがある…
  • 5. 菊

    5. 菊

    菊は日本の皇室の紋章であり、日本一の出荷量を誇る花です。菊は、キク科の多年草で、日本の代表的な花です。主に秋に咲き、多くの種類があり、大きさにより大菊、中菊、小菊と大別されます…
  • 3. 蛍

    3. 蛍

    今回は日本で5月下旬から6月中旬に発生する「蛍」について、取り上げてみましょう。前回に掲載しました『枕草子』の冒頭の「春はあけぼの」の中の夏の段には、こう書かれています。〈夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。〉平安の時代からも蛍は、日本人の風物でした…