~ 一盌からピースフルネスを ~

4. 十六夜

 十六夜は、いざよい、じゅうろくやと読みます。新月から数えて、16日の夜の月です。毎月、新月を一日ついたちとして、15日がほぼ満月。

 この満月にあたる15日の夜は、十五夜といい、翌日が十六夜です。

 この十五夜、十六夜は、秋の季語です。

 月は、大体一カ月周期で、新月から始まり、15日目の満月、そこから又欠けていき15日で、もとの新月に戻ります。新月は、「朔」さく、ついたちともいい、月、太陽が一直線になるので、光が届かず真っ暗です。この新月から月の満ち、欠けが始まります。

 十六夜をいざよいというのは、ためらいながら出てくる様子を、表現しています。十六夜自体は、一年に12回ありますが、2019年は、中秋の名月の次の日の9月14日を特に十六夜といいます。

 太陰暦のカレンダーが一時ブームになりましたが、女性の間では、特に人間のバイオリズムが、月の満ち欠けと関係していると言われます。

 陰暦の8月15日が、中秋の名月と言われますが、何故旧暦の8月15日のみに月見をするかといいますと、旧暦の秋である、7、8、9月の中で、特にその中間にあたる8月15日が、月が一番美しく見えるようです。

 月の呼び名には、新月から始まり、満月までには、3日目の三日月、7~8日目の上弦の月、13日目の十三夜、とあり15日目が十五夜〔満月〕です。そして16日目が十六夜となります。

 この中秋の名月には、月に秋の収穫物を供えて、五穀豊穣を祝い実りに感謝する〈十五夜祭り〉として発達してきました。

 満月には月見団子や、里芋、茄子などの野菜、秋の七草を供えますが、和菓子の「最中」もなかは、もともとこの満月になぞらえた菓子といわれています。「名月、萩の月、月の雫、夜半の月、望月、嵯峨の月」などはお菓子につけられた名前です。

 月と共に過ごした時代において、薄月うすづき、朧月おぼろづき、寒月かんげつ、海月かいげつ、限り月かぎりづき等、色々な呼び名あり、現代の人々も、夜の月をみあげてそのしじまに思いを馳せてはいかがでしょう。

 「月々に月みる月はつきねども 月みる月はこの月の月」

2019年8月

こちらもご覧ください

  • 16. 幽玄

    16. 幽玄

    幽玄という言葉を聞くと、一番に“能”の世界を思い出します…
  • 15. 寂び

    15. 寂び

    わび、さびは、日本独自の美意識です。たとえば質素で、静かな様子、不完全であることをよしとする、一つの名詞のイメージですが、実際は、侘び、寂びの二つの名詞が繋がったもので、それぞれ意味も違うようです。「さび」というのは、「寂」。そして寂は「寂ぶ」という動詞の名詞系です…
  • 14. 侘び

    14. 侘び

    侘びという言葉は、茶の湯を表す、代名詞のようになっている。が、侘び、わびしいという意味は、現代語では、心細かったり、失意の底にあったりする、思い煩うこと。悲しみ嘆くことを言う。わびを入れるとは、謝罪することをいう…
  • 13. 風流

    13. 風流

    『ご趣味は?』と聞かれ、『俳句です』とか『茶の湯です』と答えると、『風流なご趣味ですね』と。答えが返ってくる。日本人は、花見や月見、上述の趣味に、情緒を感じて、風流という言葉を使う。ところが改めて「風流とは?」と聞かれるとその答えは意外と難しい…
  • 12. 身に入む(みにしむ)

    12. 身に入む(みにしむ)

    表題の言葉は、聞きなれない言葉かもしれない。しかしこの言葉、「身に入む」は、季語になっている。秋風がひんやりしてくる。人は誰でももののあわれを感じるようになる。こうした秋の思いを誘うような、肌に沁み通っているような感じを言う。染む、沁む、浸む、滲む とも書く…