~ 一盌からピースフルネスを ~

ブンバ・メウ・ボイ

パリンチンスのボイブンバ(アマゾナス州)

 ブンバメウボイまたは、ボイブンバは6月30日に多様な行事によってブラジル各地で開催されます。
 アフリカ人、インディオ(現地住民)、ヨーロッパ人等、特に六月の祭り(フェスタ・ジュニナ)やカトリック教の伝統的要素の加わったこの祭りは、ブラジルの典型的な民族劇であります。
 牛を登場人物の中心として取り上げられた祭り、ブンバメウボイの「ブンバ」という言葉は牛の角の打撃の音を表し、つまり、角で突けという意味になります。
 ブンバメウボイの踊りの筋は、牛の舌を食べたいという妊娠中の妻の願いを果たすために農園主の愛好する牛を殺した奴隷パイ・フランシスコのストリーを語っています。牛の死に気付いた農園主は、パジェやクランデイロ(祈祷師)を呼び出し、牛を生き返らせるように命じます。やがて牛は生き返り、住民はそれを祝います。
 初めて18世紀にペルナンブコ州で催されたことが記録されていますが、アマゾナス州とマラニオン州で行われる祭りが一番盛大です。
 マラニオンのブンバメウボイ祭は国立歴史芸術遺産研究所によってブラジルの文化遺産として登録されました。
 現在、マラニオンには約百数のブンバメウボイグループがあり、ソタケ(〈訳:訛〉スタイル、型、表現)の違いのよって再分割されています。各ソタケにはそれぞれの特徴があり、衣装や楽器、歌のカデンツァ、そして振り付けなどに表されています。

 

ブンバメウボイ(マラニオン州)

2017年5月

こちらもご覧ください

  • ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    ブラジルの植物 4.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(後半)

    前半ではオオオニバスのいくつかの特徴が取り上げられました。その中で料理用として使える種はポプコーンにして食べられると書きました。今回はオオオニバスの茎の調理法を紹介します…
  • ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの植物 3.オオオニバス「大鬼蓮」Vitória-régia(前半)

    ブラジルの花の中でオオオニバスは新奇で最も美しい花であり、アマゾン流域に自生する巨大水生植物です。1枚の葉の直径は1.5mから2m程にもなり、スイレン科の中で世界―大きな葉をつける被子植物です…
  • ブラジルの植物 2. キリストの涙

    ブラジルの植物 2. キリストの涙

    本年より「ブラジルの植物」について再開いたします。ブラジルの植物と言っても、原産地のものはそんなに豊富ではありません。でも、気候風土に恵まれているので植物や草花は育ちやすい環境にあります。ですから、世界の国々の植物がブラジルでのびのびと育って、きれいな花をたくさん咲かせます。その中で茶花に使えそうな花があれば飾ってみて楽しんでくだい…
  • ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    ブラジルの植物 1. クアレズメイラ

    今回より、初めての試みとして、ブラジルの植物を紹介します。豊かなブラジルの自然の中で、育まれた植物です。中には、茶人に好まれる茶席の花も、見出せることでしょう…
  • ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ピレノポリスの“フェスタ・ド・ヂビノ”(聖霊降臨祭)

    ゴイアス州ピレノポリス市で毎年行われるフェスタ・ド・ヂビノは、ピレノポリスの市民が最大の楽しみ・喜びとしているお祭りです。宗教的で一般に知られた伝統行事で、12日間続くこの祭りの最高潮は、復活祭から50日目の聖なる日曜日と、当日に行われる多くの民俗芸能のパレードやショーです…